1998

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2023.10.16更新

新人教育のほったらかしを改善する方法は?営業職の教育方法を解説

営業職において「新人教育を改善したい」と考えている企業の担当者は多いのではないでしょうか。

新人教育をほったらかしにすると、さまざまな問題が発生します。

営業職における 新人教育の適切な方法を知り、成果を上げましょう。 

本記事では、以下の内容を解説します。

  • 営業職において新人教育がほったらかしになる理由
  • 新人教育をほったらかしにすることで起こる問題と改善策
  • 営業職の新人教育で身に付けさせたいスキル
  • 新人営業マンや教育担当者が抱える悩み

また、営業職の新人教育に役立つツールも紹介します。

営業職の教育担当者や管理者は、ぜひ本記事を参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料
アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル」も合わせてダウンロードいただけます。

アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル

目次

営業職において新人教育がほったらかしになる理由


営業の成果を上げる上で、新人の教育は重要なポイントです。

なぜ新人教育がほったらかしになるのでしょうか。

放置の 要因・理由として、以下の5つが考えられます。 

  • 新人教育が体系化されていない
  • 忙しくて新人教育にかける時間がない
  • 教育に関するスキルや経験が足りない
  • 新人教育が属人化している
  • 新人に問題がある

自社の新人教育と照らし合わせ、ほったらかしが起こらない体制を整えましょう。

新人教育が体系化されていない

新人教育が 体系化されていなければ場当たり的な教育となり、新人がほったらかしにされることが増えるでしょう。 

また、場合によっては新人を育てるといった考えがない環境も存在します。

「営業スキルは見て盗むもの」「背中を見て学ぶべき」といった価値観では、新人の放置が増えるでしょう。

期間を定めた教育目標もなく、OJTの環境を整えずに漠然とした教育をしていては、新人の営業スキル向上が図れません。

新人教育の重要性を組織全体で理解し、体制を整えて計画的に新人教育を行うことが大切です。

忙しくて新人教育にかける時間がない

教育担当者が 通常の営業業務も抱えているため時間が取れず、新人がほったらかしにされるケースも考えられます。 

「人材育成にかける時間がない」と悩んでいる企業も多いでしょう。

教育担当者に対してほかの社員と同じように営業目標が定められている場合、新人育成よりも営業活動を優先するのは当然です。

職場内が忙しければ新人も質問や相談がしにくく、放置される状態が生まれます。

教育担当者の裁量では解決が難しいため、社内で教育のための人員を確保して新人教育やOJTを行う必要があるでしょう。

教育に関するスキルや経験が足りない

 
教育を担当する 社員のスキルが足りないことによって、ほったらかしにつながる可能性もあります。 

プロの教育者が新人教育を行うわけではなく、多くの場合、先輩の社員が教育を担当しているでしょう。

新人が多ければ全員をバランスよく指導することは難しく、教育スキルの高い指導者でなければ対応しきれません。

教育スキルを向上させるためには、繰り返し新人教育の経験を積むことが必須です。

外部機関が開催する教育研修も活用し、教育担当者のスキルや経験を積むことが放置の解消につながるでしょう。

新人教育が属人化している

新人教育が ひとりの担当者に属人化している場合、新人のほったらかしが増えます。 

担当の属人化には教育が熟練されて質が向上するといったメリットもありますが、担当者が不在の際にほかの社員が教育することが難しくなります。

また、教育の属人化により以下のようなデメリットが発生するでしょう。

  • 教育担当者の負担が増える
  • 退職時に教育ノウハウを失う
  • ほかの社員は新人の成熟度を把握しにくい

職場内の人間関係がよくない場合、さらに教育状況を共有しにくい環境となります。

属人化をできるだけ解消し、組織全体でマニュアル化した教育を行うことで放置が減らせるでしょう。

新人に問題がある

組織や教育担当者だけでなく、 新人の側に問題がある可能性も考えられます。 

以下のような態度の新人であれば、教育する意欲をなくして放置されることが増えるでしょう。

  • 時間を守らない
  • 他責の傾向がある
  • 話を聞かない
  • 教育に対して受け身の姿勢で意欲が感じられない

できる限り採用の段階で、能動的に教育を受ける姿勢があるかどうかを判断する必要があります。

営業職において新人教育をほったらかしにすることで起こる問題


新人教育を ほったらかしにすると、以下のような問題が起こります。 

  • トラブルやクレームが発生するリスクが高まる
  • 営業の成果が上がらない
  • 職場内の人間関係が構築されない
  • 新人のモチベーションが下がる

教育の放置によって発生する悪影響を理解し、リスクを減らしましょう。

トラブルやクレームが発生するリスクが高まる

ほったらかしにより、 学生気分が抜けない新人の非常識的な行動によってトラブルやクレームが発生するリスクが高まります。 

特に営業職は顧客と直接話すことの多い職種であり、新人が自己の判断のみで行動すると相手に迷惑をかける可能性が高まるでしょう。

また、以下のような事例も考えられます。

  • 放置されている状態にもかかわらず新人が何をしてよいかわからず仕事が進まない
  • 得意先にもかかわらず自社と顧客との関係性を理解していない新人が失礼な言動を取ってしまう
  • 持ち出し不可の顧客情報を外出時に持って行ったり、メールやSNSにアップしたりしてしまう

新人の行動を管理・監視する意味でも、放置の問題は解消すべきでしょう。

営業の成果が上がらない

放置されれば当然、 教育が行き届かず新人の営業スキルが伸びないため、営業の成果が上がりません。 

「教わったことしかできない」「指示されたことしかできない」といった状況に陥る可能性もあるでしょう。

また、業務の全体像や組織全体の目標は教育によって身に付けさせるべき内容です。

一つひとつの仕事が何のために存在しているのかを理解しなければ、仕事の効率は上がらないでしょう。

職場内の人間関係が構築されない

入社したばかりの新人は、教える側と教えられる側のコミュニケーションを通じて人間関係を構築します。

教育を放置しすぎると 気軽に話しにくい雰囲気が生まれ、新人が職場内で人間関係を築きにくいでしょう。 

新人に対して組織全体で積極的に働きかけることで、よりよい人間関係が生まれます。

よい人間関係が構築されれば、おのずと新人教育のほったらかしもなくなるでしょう。

新人のモチベーションが下がる

気にかけてもらえていないと実感することにより、新人のモチベーションが下がる恐れがあります。

特に営業は、顧客に対して商品やサービスを提案して契約を目指す仕事です。

仕事のやり方がわからない新人は顧客に提案しても断られ続けるため、大きなストレスを感じるでしょう。

教育体制が整っていない 会社に不満や不信感が募り、退職するリスクも高まります。 

■合わせてよく読まれている資料
アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル」も合わせてダウンロードいただけます。

アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル

営業職における新人教育のほったらかしを改善する方法


営業職における新人教育のほったらかしを改善するには、以下のような方法があります。

  • メンター制度を導入する
  • 定期的にフィードバックや研修を行う
  • 職場全体で新人教育に取り組む
  • 外部の研修を取り入れる
  • 新人に業務マニュアルを作成してもらう

いくつかの方法を試し、 新人教育を放置しないための仕組みづくりを行いましょう。 

それぞれどのような方法なのか詳しく解説します。

メンター制度を導入する

メンター制度とは、新人と年齢や経験が近い先輩社員を、業務や人間関係などを相談できるメンターとして設置する制度です。

業務のやり方だけでなく 不安や悩み事を相談できる関係性が構築できれば、新人が放置されていると感じなくなるでしょう。 

メンターの存在を通じて職場全体との交流もスムーズになります。

また、以下のように教育を担当するメンターにもメリットがあるのが特徴です。

  • 新人の成長を間近で感じられるため、仕事のモチベーションにつながる
  • 指導する自覚が目覚め、自分の仕事に責任感が生まれる
  • メンターとしての教育経験が管理職になった際に役立つ

定期的にフィードバックや研修を行う

定期的に フィードバックの場を設けて新人と話し合う機会を作ると、気に掛けられていることを実感できます。 

目標に対してどの程度成長できているのかも確認できるため、今後の教育計画も立てやすくなるでしょう。

また、定期的に研修を行うことも有効です。

新人同士の交流で意見交換を図れるため、切磋琢磨しながら成長できます。

業務中に時間が取れずに教育できない場合も、研修として新人をまとめて効率よく指導できるでしょう。

職場全体で新人教育に取り組む

新人教育のほったらかしを改善するには、職場全体で教育に取り組む仕組みづくりが必須です。

メンターや研修による教育を行うだけでは、日常の業務中に新人の放置が発生する恐れがあります。

職場全体で新人の教育目標や進捗を管理し、できるだけ多くの社員が教育に関わることが重要です。

そのためには、 社員同士のコミュニケーションが円滑であり、業務をフォローし合える関係性を作ることが必要でしょう。 

外部の研修を取り入れる

小規模な組織であれば、新人教育の場として研修を行うことが困難な場合もあるでしょう。

新人教育に手が回らない場合は、 外部の企業が行っている研修を取り入れるのも有効な方法です。 

外部の研修には、以下のようなメリットがあります。

  • 専門家による営業スキルを身に付けられる
  • モチベーションが向上する
  • 新たな営業手法が学べる

社内の先輩や社員が行っている営業方法とは異なる知識を得られるだけでなく、巧みな話術で意欲を引き出してくれるでしょう。

新人に業務マニュアルを作成してもらう

新人は先入観がない状態で業務を覚えられます。

無駄な作業や効率の悪いやり方を発見しやすいと言えるでしょう。

仕事を覚えながら 業務マニュアルを作らせることにより、以下のようなメリットが得られます。 

  • 言語化によって業務を頭に入れられる
  • マニュアル作成を先輩や上司と共有することでコミュニケーションが生まれて放置が減らせる
  • 次回の新人教育に業務マニュアルが役立つ

営業職の新人教育で身に付けさせたい6つのスキル


営業職に必要なスキルはさまざまです。

本記事では、 新人教育で特に身に付けさせたいスキルを6つ紹介します。 

  • コミュニケーション力
  • 交渉力
  • タイムマネジメント力
  • ロジカルシンキング
  • 課題を発見する力
  • マーケティング力

上記のスキルを育てることを意識して新人教育を行うとよいでしょう。

それぞれどのようなスキルなのか、どのようにすればスキルを向上させられるのかを解説します。

コミュニケーション力

営業職に限らず、 ビジネスにおいてコミュニケーション力は重要なスキルです。 

顧客だけでなく同じ組織の社員とも円滑なコミュニケーションが取れなければ、成果が上げられないでしょう。

特に営業職においては、話がうまくできるだけでなく相手の話を聞き出すヒアリング力も重要です。

巧みな質問で顧客の課題や要望を聞き出せれば、主導権を握って商談を有利に進められます。

相手との信頼関係を構築するためには、表情やジェスチャーなどの非言語的コミュニケーションも意識するとよいでしょう。

交渉力

営業職における 交渉力は、顧客との商談で合意を得るために必要なスキルです。 

顧客の要求をただ聞き、自社に利益のないサービス提供や余裕のない期限を設定したのでは意味がありません。

自社と顧客の要望をすり合わせ、適切な落としどころを見つけるための交渉力が必要となるでしょう。

交渉力を養うには、自分の意見をはっきりと相手に伝えるトレーニングが必要です。

また、顧客と市場の情報を集めて分析すれば、より有利に交渉できるようになるでしょう。

タイムマネジメント力

タイムマネジメント力とは、 目標達成のために限られた時間の中で効率よく業務を進めるスキルです。 

スケジュールを適切に管理する能力が身に付けば、生産性の高い仕事が行えるでしょう。

特に営業職は、取引先への訪問や飛び込み営業などで外出することの多い職種です。

ほかにも、提案資料の作成や顧客情報の管理などの事務作業を行うため、時間を有効活用する必要があります。

新人教育の中で常に業務の優先順位と遂行の目標時間を設定し、仕事の効率とタイムマネジメントを意識させましょう。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、 論理的に思考して問題を解決するスキルです。 

特に営業職にとっては、顧客のニーズや要望に対して自社の商品やサービスがどのように役立つかといった提案を論理的に行うスキルが求められます。

顧客の悩みが複雑であればあるほど、ロジカルシンキングによる論理的で整理された提案でなければ受け入れられません。

業務中に想定外のトラブルが発生した場合も、適切に対応・解決するためにはロジカルシンキングが重要です。

新人教育の中でロジカルシンキングを身に付けさせるためには、問題の定義や情報の整理、要因の分析を習慣づけましょう。

課題を発見する力

営業職では、 顧客のニーズや要望に応えるだけでなく、顧客自身も気づいていない課題を発見して解決案を提案するスキルが必要です。 

顧客がすべて自ら相談してくるわけではないため、積極的に課題を発見し、解決する手段として自社の商品やサービスを提案するといった営業方法が有効です。

顧客との会話の中から背後にある課題を見つけ出したり、市場の動きから課題を予測したりする必要があるでしょう。

多くは顧客との積極的な会話から発見できるため、コミュニケーション力やロジカルシンキングも必要となります。

さらに課題を発見する力を伸ばすには、これまでの考え方をリセットするゼロベース思考や、過去の成功事例を学ぶことが有効です。

マーケティング力

マーケティング力とは、 自社の商品・サービスに関する市場の調査や企画、販促などの営業戦略を立てるスキルです。 

テレアポや飛び込み営業だけでなく、さまざまなプロモーション戦略によって商品・サービスを周知すれば、より多くの新規顧客を開拓できます。

マーケティング力を持った営業マンは、市場やターゲット顧客を分析して戦略を立てることによりさらに大きな成果を上げられるでしょう。

企画や広告などのマーケティング現場を学んだり、マーケティング研修を実施したりすることでスキルを伸ばせます。

新人営業マンが抱える悩み5選


新人教育は、新人営業マンの悩みを解決する形で進めることが重要です。

新人営業マンは、どのような悩みを抱えているのでしょうか。

本記事では、 営業マンが抱える悩みや課題を解決方法とともに5つ紹介します。 

  • ノルマや目標の達成が難しい
  • 商品やサービスのよさを伝えられない
  • 商談の流れがわからない
  • 断られることで精神的に消耗する
  • 顧客との信頼関係を構築できない

ノルマや目標の達成が難しい

営業職では、取引や契約などに細かなノルマや目標が設定されます。

特に新人は スキルや経験がないため、目標を達成できないことが悩みになりやすいでしょう。 

悔しさや未熟さを辛いと感じるだけでなく、先輩や上司からのプレッシャーや指導を辛いと感じる新人営業マンも少なくありません。

組織としては、スキルや経験に応じてノルマや目標の数字を調整したり、達成のための適切なフォローを行ったりすることが重要です。

商品やサービスのよさを伝えられない

商談で自社の商品・サービスをうまく提案できないといった悩みです。

中途半端な知識で提案していては、商品・サービスに自信を持てず顧客を騙している気分にもなります。

顧客の前で説明する前に、 自社の商品・サービスの強みや弱み、競合との比較を徹底的に頭に入れることが重要です。 

研修や先輩社員とのロールプレイといった新人教育を通じて、商品・サービスの強みや競合他社との違いを理解しましょう。

スムーズに話せるようになってから商談に向かえば、悩みは解決します。

商談の流れがわからない

商談の流れがわからず、顧客の前でスムーズに話を進められないといった悩みです。

顧客に話の主導権を握られてしまうと自社の商品・サービスを提案できず、なかなか成約につながらないでしょう。

どのような流れで顧客を納得させて感情を動かすのかを事前に考え、資料や提案書を作成することが重要です。

営業の流れが 社内でマニュアル化されている場合は身に付け、ない場合は先輩社員や上司の営業に同行させて実際の流れを見せるとよいでしょう。 

断られることで精神的に消耗する

営業は断られることの方が多い仕事です。

特に テレアポや飛び込み営業などの新規開拓では断られることがほとんどのため、精神的な消耗を悩む新人も多いでしょう。 

メンタルが強い新人であれば問題ない場合もありますが、やる気をなくしてしまう新人には以下のような解決方法が有効です。

  • 営業は断られて当たり前という考え方を教える
  • 適度に休息を与える
  • 小さい成功体験を積ませる

定期的に新人とコミュニケーションを図り、ストレスを感じすぎていないかを確認するようにしましょう。

顧客との信頼関係を構築できない

顧客との信頼関係が構築できなければ、成約や取引の継続にはつながりません。

商品・サービスのよさを伝えるだけでなく、自分自身を気に入ってもらうための努力が必要と言えるでしょう。

商品・サービスを通じて 顧客の課題を解決したい、満足してほしいといった思いが伝わるように営業することが大切です。 

取引先との関係づくりは社内にノウハウがある場合が多いため、積極的に経験を伝えるとよいでしょう。

新人教育の担当者が抱える悩み5選


企業の成長にとって新人教育は欠かせないものですが、 新人教育の内容が充実すればするほど教育担当者への負担は大きくなります。 

新人教育を行う担当者はどのような悩みを抱えているのでしょうか。

以下5つの悩みを紹介します。

  • 自分の仕事が進まない
  • 教育の方法がわからない
  • 新人からの報告・連絡・相談が足りない
  • 価値観が違う
  • ハラスメントを気にする必要がある

自分の仕事が進まない

通常の業務に加えて新人教育を任されることにより、 自分の仕事に時間をかけられずにストレスを抱えるといった悩みです。 

どの業界・業種であっても、人材育成や新人教育の課題として時間の余裕がないことが挙げられます。

教育担当者やメンターに教育の責任感が強ければ、より自分の業務を後回しにして指導に時間を使ってしまうでしょう。

できる限り組織全体で新人教育を行い、担当者ひとりに教育の負担をかけないための体制づくりが必要です。

教育の方法がわからない

新人教育がマニュアル化されていない場合、そもそもどのように教育するべきかと悩む担当者も多いでしょう。

教育がうまくいかずに多くのストレスや不安を抱えるため、教育担当者に対する会社全体のフォローも必要です。

以下のような方法により、 教育体制を整えて教育の方針ややり方を確立することで悩みを解消しましょう。 

  • 過去の教育データをまとめる
  • 新人教育のノウハウを外部から学ぶ
  • 業務内容や新人教育をマニュアル化する

また、研修制度を充実させる方法も有効です。

特にコールセンターにおける研修に関しては、コールセンター研修とは|オペレータースキルを伸ばすポイントを解説も参考にしてください。

新人からの報告・連絡・相談が足りない

新人からの報告・連絡・相談がなく、トラブルやクレームが発生することに悩む教育担当者も多いでしょう。

その原因のほとんどは、コミュニケーションを取りにくい環境にあります。

まずは 業務に関する悩みを相談・質問しやすい新人との関係性を作りましょう。 

失敗を恐れずに挑戦することの大切さやミスが起こった場合は、すぐに報告するルールなどを、できる限り新人のうちに教えることが重要です。

価値観が違う

新人の年齢が離れている場合は、考え方や価値観の違いに悩むこともあるでしょう。

教育担当者が常識と思っていることでも、新人には理解できないこともあります。

教育担当者が新人に期待していることと、新人が期待されていると思うことの認識がまったく異なる場合もあるかもしれません。

価値観や考え方のズレはある程度許容し、 教育の前提となる考え方の部分から十分に話し合ってコミュニケーションを取ることでストレスを軽減できるでしょう。 

ハラスメントを気にする必要がある

ハラスメントとは、いじめや嫌がらせと同義の言葉です。

行為の受け取り手が不快に感じた時点で認定されるため、純粋に新人教育のつもりで行った行為でもハラスメントになる場合があります。

教育担当者にとって厳しい指導のバランスが難しく、悩みを感じる原因になりやすいでしょう。

営業職で発生しやすいハラスメントには、以下のような種類があります。

  • 優位な立場を利用した行為を行うパワーハラスメント(パワハラ)
  • 精神的な苦痛を与えるモラルハラスメント(モラハラ)
  • 性的な発言や行為を行うセクシュアルハラスメント(セクハラ)
  • 飲酒に関する嫌がらせ行為を行うアルコールハラスメント(アルハラ)

教育担当者は 一般的にどのような行為がハラスメントに当たるのかを理解し、十分にコミュニケーションを取りながら指導することが大切です。 

また、ハラスメントを理解する研修を実施したり、ハラスメントを相談できる窓口を設置したりするといった対策も有効でしょう。

営業職における新人教育にはチェックシートの活用がおすすめ


「具体的にどのような方法で新人教育を行えばよいのか」と悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか。

チェックシートは新人教育に役立つおすすめのツールです。

以下の内容を参考にして チェックシートを活用し、効率よく新人教育を進めましょう。 

  • チェックシートを活用するメリット
  • チェックシートを作成する方法
  • チェックすべき項目

チェックシートを活用するメリット

チェックシートとは、教育分野ごとに項目を設定して評価や達成度合いを測るツールです。

新人教育での チェックシートの活用には、以下のようなメリットがあります。 

  • 個々の成長速度に応じて教育できる
  • 目標と現状を可視化し、フィードバックしやすくなる
  • 企業理念や守るべきマナー・ルールが明確になる
  • モチベーションが上がる

新人と教育担当者の両者にメリットがあるツールです。

チェックシートを作成する方法

新人教育に活用する チェックシートは、以下の流れで作成するとよいでしょう。 

  1. 新人に求めるスキルを細分化する
  2. 細分化したスキルを重要度や難易度で分けて整理する
  3. 育成スケジュールを立てる
  4. 具体的なチェック項目を設定する

業務内容を細分化するだけでなく、企業理念やマナー、仕事に対する姿勢などのマインド面もチェックシートに組み込むのがおすすめです。

チェックシートを運用する際は、定期的に進捗を確認しましょう。

チェックすべき項目

チェックリストには、 具体的に以下のような項目を設定するとよいでしょう。 

  • あいさつに関する項目
  • 言葉遣いに関する項目
  • 身だしなみに関する項目
  • 報告・連絡・相談に関する項目
  • 電話やメールのマナーに関する項目

ビジネスマナーや勤務態度、社内外の適切なコミュニケーションに関する項目を設定するのがおすすめです。

加えて業務内容の理解と実践に関する項目を設定して進捗を管理すれば、効率よく教育できるでしょう。

テレアポ・テレマケの新人教育には「Call Analytics」


特にテレアポやテレマケといった 電話を使った営業を行う企業の新人教育には、音声解析ができるツール「Call Analytics」の活用がおすすめです。 

可視化しにくい営業トークを数値化できるため、新人のスキルを伸ばして成果を上げられるでしょう。

Call Analyticsのサービス概要と新人教育に活用する方法をそれぞれ解説します。

また、営業アポ取りに関しては電話による営業アポ取りの例文まとめ|うまい人の特徴やコツとはでも詳しく解説しています。

「Call Analytics」とは

Call Analyticsは、 AIによる音声解析で営業トークを定量的に可視化する株式会社Scene Liveのサービスです。 

以下のような項目を数値化できるため、より細かな目標設定ができるでしょう。

  • 通話相手との被り回数
  • 沈黙秒数
  • ラリー回数
  • 話者の比率
  • 話の速度
  • 声の高さの最大値と平均値の差

また、ほかにも以下のような機能も活用できます。

  • 通話内容のテキスト化
  • 会話をお気に入り登録してすぐに探し出せるタググループ機能
  • 禁止ワード分析
  • トークロープレ

アウトバウンド業務をより効率化するためには、同じく株式会社Scene Liveが提供しているコールセンターシステム「List Navigator.」を併せて活用するとよいでしょう。

自動で一斉発信できるプレディクティブコールやオートコールなど豊富な機能が利用できます。

「Call Analytics」を新人教育に活用する方法

Call Analyticsによる音声解析は、新人教育において以下のように活用できます。

  • 解析結果をセルフチェックさせて課題を見つける
  • 成果を上げている社員の解析結果と新人の解析結果を比較する
  • 成果を上げている社員の営業トークをテキスト化してマニュアルとして活用する
  • 課題ごとにグループ分けして効率よく指導する

電話による 営業トークを可視化できるため、課題を発見しやすく教育しやすいでしょう。 

営業職における新人教育に関してよくある質問


最後に、 営業職における新人教育に関するよくある質問とその回答を紹介します。 

  • 営業職はどのような流れで仕事を覚えさせるとよい?
  • 新人との営業同行を行う適切な期間は?

新人教育について深く理解し、より精度の高い教育を目指しましょう。

営業職はどのような流れで仕事を覚えさせるとよい?

営業職における 新人教育は、以下の流れで仕事を覚えさせるとよいでしょう。 

  1. 社会人としてのマナーや自社のルールを身に付ける
  2. 商品・サービスの知識を身に付ける
  3. 実践を繰り返して営業スキルを身に付ける

アプローチの数と営業の質を掛け合わせたものが、営業の成果となります。

最低限のビジネスマナーが見に付いた後は、できる限り多くの実践を通じて挑戦と反省を繰り返すことが重要です。

多くの経験と適切な改善が行えるようにサポートすることにより、新人が一人前の営業マンとして成長するでしょう。

新人との営業同行を行う適切な期間は?

営業職における新人教育には、営業同行が有効です。

新人は先輩や上司の営業に同行することで現場の雰囲気や営業の流れを体感し、営業スキルを身に付けられるでしょう。

また、取引先の担当者と新人の関係性を先に構築することも可能です。

営業同行の期間は1週間や1ヶ月などさまざまです。

期間や回数を 事前に設定すれば、新人がひとりでの営業をイメージでき積極的に学ぶようになるでしょう。 

営業職の新人教育におけるほったらかしをなくして新人を育成しよう


営業職において新人教育のほったらかしは発生しがちですが、できる限り教育体制を整えて対策を講じる必要があります。

適切なコミュニケーションを図りながら指導することによって、より新人の成長を促せるでしょう。

具体的な新人教育の方法がわからない担当者の方には、 チェックシートや音声解析のツール「Call Analytics」の活用がおすすめです。 

特に「Call Analytics」は以下のような特徴があり教育に役立つツールのため、ぜひ導入を検討してください。

  • 営業トークの質や内容を数値化して可視化する
  • 解析結果をセルフチェックさせれば教育にかかる時間を削減できる
  • 成果を上げているオペレーターの営業トークをマニュアル化できる

■合わせてよく読まれている資料
アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル」も合わせてダウンロードいただけます。

アポ率を3倍に伸ばした育成マニュアル