1310

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2023.02.15更新

営業に役立つ法人リストを無料で収集・作成する方法を紹介

「無料で法人リストを作成したい」
「法人リストを作りたいが、企業の情報を検索するのに多くの時間を費やしてしまう」

このような悩みや要望を持っており、法人リストの作成に苦労している営業担当の方もいるのではないでしょうか。

営業活動を効率よく進めるために用いられるのが法人リストです。

しかし、 法人リストの作成に必要な情報を集めることは工数がかかる作業 です。

「どのように法人リストを作ればいいかわからない」という場合もあるでしょう。

そこで本記事では、無料で法人リストを収集・作成する方法を紹介し、コツや注意点についても解説します。

■合わせてよく読まれている資料
Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由」も合わせてダウンロードいただけます。

Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由

法人リストとは


「法人リスト」とは、法人情報を一覧化したリストです。

 営業マンが企業へアプローチする際に、効率的な営業活動を実現するために用いられます 

営業リストとも呼ばれ、新規顧客を開拓したり既存顧客の需要を把握したりする場合に有用です。

例えば、法人リストを作成して自社内で共有すれば重複を防げます。

営業活動でのバッティングはネガティブな要因となるため、避けたい問題です。

多くの部署で営業活動に関わっていることも考えられます。

担当者が違っても同じ会社から何度も営業を受けることは印象が悪くなるからです。

また、受注確度の判断基準を統一させることで、今後の営業活動の見通しを立てやすくなります。

ただし、法人リストを利用すれば、必ずしも営業の成果が上がるとは限りません。

ポイントは法人リストの「質」です。

法人リストの質は、営業活動を左右し、成約率にも関わってくるでしょう。

自社サービスの需要が高そうな企業をリストアップし、住所、代表者名・電話番号・メールアドレスなどを収集します。

営業活動を進めていくなかで、営業の確度や誰がいつどのようにアプローチしたかを残していくとより効果的になるでしょう。

従来、法人リストはExcelなどの表計算ソフトウエアを用いて手動で管理することが一般的でした。

しかし、非効率であることから、最近は専用ツールを用いたり業者から法人リストを購入したりといった企業が増えています。

法人リストを無料で収集する3つの方法


十分に営業活動の予算を投入できる企業ばかりではありません。

そのため、法人リストをなるべく無料で作成したいニーズはあるはずです。

法人リストを無料で収集し作成する方法を紹介します。

大きく分けて「法人番号の利用」「インターネットや紙媒体から収集」「無料ツールの利用」の3種類です。

それぞれの方法を詳しく解説します。

法人番号(法人ナンバー)を利用して取得する方法

企業にはそれぞれ、番号が与えられています。
ちょうど個人に対してマイナンバーが与えられているのと同じようなものです。

その番号を法人番号(法人ナンバー)といい、13ケタの番号で表されます。

個人のマイナンバーは非公開ですが、 法人番号は国税庁のサイトで公開されており、誰でも自由に無料で閲覧 できます。

法人番号と企業の概要データのファイルをダウンロードすることも可能です。

ダウンロード方法は以下の通りです。

国税庁:法人番号公表サイト」にアクセスし、「基本3情報ダウンロード」からデータをダウンロードできます。

Excelなどの表計算ソフトで扱えるCSV形式のファイルでダウンロードが可能です。

しかし、そのままの状態では使いにくいため、使いやすくするためには体裁をある程度整えなくてはなりません。

インターネットや紙媒体から取得し作成する方法

法人リストはインターネット上で公開されている企業情報や、新聞や四季報などの紙媒体から取得する方法もあります。

取得した情報をExcelなどの表計算ソフトでまとめて管理します。

 Excelは業務で使用している方が多いので、スムーズに作業に取り掛かれる 点がメリットです。

リストに必要な項目がわからない場合には、無料のテンプレートを利用すると良いでしょう。

作成の手間はかかりますが、細かく自分で調べれば質の高いリストが作成可能です。

無料で使用できるリスト作成ツールを活用する方法

効率よく法人リストを作成するために、専用のツールを活用する方法もあります。

情報収集はインターネットの普及で容易になりましたが、自分で企業情報を収集してまとめる作業は時間がかかってしまいます。

効率的な営業活動のために使う法人リストの作成に時間がかかってしまっては本末転倒でしょう。

十分な情報を利用しやすい形で取得するためには、 専用のツールやサービスの利用が便利 です。

法人リストを取得し運用するためのツールは数多くのサービスが提供されています。

ツールによって収集できる項目や無料でできる範囲、リストの単価などが異なるので、自社にあったサービスを検討しましょう。

■合わせてよく読まれている資料
Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由」も合わせてダウンロードいただけます。

Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由

法人リストを無料で作成するコツや注意点


法人番号のサイトや関連サービスは数多くあるので、無料で法人リストを作成することも十分に可能です。

質の高いリストを作るためには注意するべきポイントがいくつかあります。

「自社の営業活動にとって必要となる項目を網羅する点」「作成コストとリストの質のバランス」「無料にこだわらず有料サービスも検討」の3点です。

無料で法人リストを作成する際のコツや注意点を詳しく解説します。

必要な項目を網羅する

法人リストの質を左右するのが企業情報の各項目です。

 営業活動を円滑に行うために必要な項目は網羅 していなければなりません。

例えば、国税庁の法人番号公表サイトから取得したリストには、電話番号が記載されていません。

法人リストをテレアポリストとして利用したい場合は、電話番号をさらに自分で調べる必要が出てくるでしょう。

また、営業所や支店の情報はありません。
登記上の住所となるため、営業所や支店の住所は取得できないためです。

営業活動に必要な法人リストの主な項目には、以下のものが挙げられます。

  • 企業名
  • 住所
  • 代表者名
  • 電話番号
  • Webサイト
  • メールアドレス
  • 業種
  • 従業員数
  • 売上高 など

以上に挙げた項目を基本としながら、自社にとって必要な項目を定めましょう。

作成コストが得られるリストの質に見合っているか

法人リストの作成には多くの時間がかかります。

 得られるリストの質が、収集や作成にかかる時間やコストに見合っているか 検討しましょう。

営業活動を効率的にするための質の高いリスト作成には、どうしても独自のカスタマイズが必要で、ある程度のリソースを割かなければなりません。

自分でWeb検索により企業の情報を収集し、リストにまとめるといった作業を定期的におこなうとなると、工数は多くかかってしまいます。

時間をかけた割には質の低い営業リストになってしまう事態も考えられるでしょう。

重複の可能性やターゲットをうまく絞り込めているかなど、情報を集めるためには注意しなければならない点も多くあります。

有料サービスやリストの購入も検討する

企業サイトや法人番号を収集し、Excelで手動管理する方法は無料で手軽にできますが、時間がかかり非効率です。

また、無料で使える収集・作成ツールも制限がついているものが多く、自社に有益な法人リストの作成が難しい場合もあります。

リスト項目に必要な部分を集めるためには、 有料のツールやリスト購入も選択肢として考えられる でしょう。

まずは無料で試してから、必要に応じて有料プランに移行できるサービスもあります。

最近では低価格で利用できるサービスも増えてきました。

リスト作成ツールの活用で、自社がターゲットとしている企業を取りこぼしなく収集してくれます。

法人リストサービスの利用やリストの購入におけるポイント5つ


法人リストの作成・収集サービスは有料のもの、無料のものなど各種あります。

法人情報を自力で収集しリスト化することは工数がかかってしまい非効率です。

かかった労力に対して効果が伴わないかもしれません。

そのような場合には、法人リストの購入や、有料ツールの利用も検討してみましょう。

  • 法人リストサービスの種類
  • データの取得サイト数、データ項目
  • 無料で利用できる範囲
  • 更新頻度
  • 料金体系

上記5つの観点から解説します。

法人リストサービスの種類

法人リストのサービスには大きく分けて、「法人リスト自体を納品」「法人リストの作成ツールの購入」の2種類があります。

リスト作成にあまり時間をかけたくないという方はリスト自体の購入をおすすめします。

営業マンが自身でリストを作成したいという方は作成ツールの購入が良いでしょう。

 自社の営業スタイルに合わせてサービスを選択 してください。

無料のお試し版を提供しているサービスもあります。

まずは試してから本格的な導入を検討しても良いでしょう。

データ取得のサイト数や扱っているデータの項目

法人リストは提供会社によって扱うデータが異なります。

情報量は多ければ多いほど良いとは限りません。

 法人リストの質を高めるためには、営業活動を意味のあるものにすることを頭に入れておく必要がある でしょう。

収集したリストの企業が自社のターゲットとして適切なのか、業界や企業規模などを考慮しなくてはなりません。

自社が必要としている項目をあらかじめ決めておきましょう。

リストは必要な項目を網羅し情報が整理されたサービスを選択します。

例えば、業界別や目的別の法人リストやターゲットを絞るためには、業界や企業規模ごとにまとめたリストがおすすめです。

ツールには業種や地域など、各種の条件を絞り込める機能が搭載されたものがあります。

業種や地域だけでなく、事業規模、従業員数など細かい条件で絞り込めるものもあるので、質の高い法人リストが作成可能です。

また、営業マンが営業以外の活動に費やされてしまう時間の割合が大きい点は課題です。

自社にとって重要な項目であるけれど、調査するのに時間がかかる場合は、リスト項目を確認してみましょう。

例えば、企業分析をしたい場合、ツールによっては競合企業との比較や株価情報などを取得できるものがあります。

顧客となる企業の情報を簡単に入手して分析できれば、営業活動は意味のあるものとなるでしょう。

無料で利用できる範囲

無料で利用できるサービスや、有料サービスであっても限定の範囲内であれば無料で活用できるものもあります。

できるだけ無料で利用したい場合には、 活用できるサービスの範囲を調べて から利用しましょう。

△△件までは無料、それ以上は有料というものがほとんどです。

大手法人リストサービス会社の無料でできる範囲の一例を紹介します。

  • 登録後の1カ月は30件までは取得可能
  • 会員登録で毎月100件までは無料でダウンロード可能
  • 完全無料で会員登録も不要で閲覧可能、ファイルのダウンロードは有料

上記のようなサービスがあります。

無料で利用できる範囲をあらかじめ調べておき、有効に活用しましょう。

更新の頻度

リストの更新頻度は注目すべきポイントです。

企業の移転や統合などのイベントによって「会社名」「住所」「電話番号」などが変わるケースはよくあります。

法人リストの更新頻度である鮮度が低いと、工数が無駄に発生してしまうだけでなく、確度の高いターゲット先を見逃してしまうかもしれません。

企業の状況は刻一刻と変化するので、 最新の情報をいかにすぐ手に入れられるかが営業成果を上げるための重要なカギ となるでしょう。

取得した情報が最新のものであるか、リスト収集後にまた検索して調査しているようでは非効率です。

法人リストが常に最新情報へ更新されているかどうかツール導入の際には見ておきましょう。

法人リストにとって鮮度は重要です。

料金体系

法人リストサービスの利用や購入には、料金体系も事前に確認しておきましょう。

 無料で利用できる範囲はどこまでか、有料での利用の場合も「初期費用」「最低購入額」「月額制だったらいくら」など提供会社によって料金体系 は異なります。

予算をあらかじめ決めて、サービスを比較し検討しましょう。

法人リストを無料で作成し営業活動を効率化しよう


確度の高いターゲットに絞った法人リストを使うと、新規の顧客開拓やテレアポなどさまざまな営業活動で効率化が可能です。

 営業をより効率化し成約率を上げるためには、質の高い法人リストを作成 しましょう。

無料で利用できる法人情報を集められるサイトや、専用ツール・リストの提供をするサービスが増えています。

これらのサービスを有効活用し、営業活動を効率化してください。

■合わせてよく読まれている資料
Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由」も合わせてダウンロードいただけます。

Excel管理をやめた営業組織がテレアポで新規商談を増やせた理由