1230

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2023.08.16更新

CTIをフリーで使えるソフト10選|選定ポイントや注意点も解説

CTIを導入すれば、業務の効率化や顧客満足度の向上など多くのメリットが得られるため、コールセンターには不可欠なシステムです。

しかし、CTIの導入・運用には初期費用や月額利用料など、少なくない費用が発生します。

そのため「もし無料で使えるCTIがあれば知りたい」「有料でCTIを導入する前にお試しで使ってみたい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、 完全無料で利用できたり、トライアルとして一定期間無料で使えたりするCTIシステムを紹介 します。

無料CTIソフトを選定する際のポイントや注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!

CTIとは


CTIとは「Computer Telephony Integration」の略で、 電話やFAXとパソコンが持つ機能を連結させるシステム です。

顧客からの入電時に詳細情報を表示する「ポップアップ機能」やオペレーターの稼働状況を確認できる「モニタリング機能」など、コールセンター業務をサポートする機能が搭載されています。

また、CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)など他システムとの連携も可能な点も魅力です。

CTIの導入によって、電話営業の効率化や人件費の削減、顧客満足度の向上などの効果を得られるため、自身が所属する企業が抱える課題の解決につながるでしょう。

CTIソフトをフリーで使用する方法


CTIソフトを無料で利用する方法には次に挙げる2つがあります。

  • 完全無料のCTIソフトを利用する
  • 有料CTIソフトのトライアルを利用する

うまく活用すれば、コストを抑えた上で業務改善に取り組めるので、ぜひ参考にしてください。

完全無料のCTIソフトを利用する

完全無料のCTIソフトを利用すれば、有料ソフトを利用した場合に発生する 導入費用や月額利用料などを支払うことなくシステムを利用可能 です。

しかし無料で利用できる反面、有料ソフトに比べて機能がシンプルな点、利用できるユーザー数に制限がある場合が多い点には注意する必要があります。

そのため、多くの機能を求めていない企業や、小規模でコールセンターを運営している企業などにおすすめです。

有料CTIソフトのトライアルを利用する

有料CTIソフトの中には、無料のトライアル期間を設けているものがあります。

期間限定ですが、有料版とほとんど同じ機能が使えるため、 ソフトの使用感や費用対効果、現場の反応などをコストをかけることなく確認可能 です。

トライアルをうまく活用すれば「ソフトを導入したが思っていたのと違う」のような事態を防ぎ、より自社に適したソフトを導入できるでしょう。

ただし、トライアル期間はソフトによって大きく異なるので、トライアルを利用する際は、事前にトライアル期間の確認が重要です。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!

無料で使えるCTIソフトを選定する際の6つのポイント


無料のCTIソフトを選定する際のポイントとして、次の6つがあります。

  • 使える機能
  • 使える期間
  • 操作性
  • 連携機能
  • サポート体制
  • セキュリティ体制

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

使える機能

無料CTIソフトを選定する場合は、 どのような機能を備えているかの確認が重要 です。

特に、完全無料のCTIソフトは搭載されている機能がシンプルなものが多いため、しっかり確認する必要があります。

例えば「オペレーターが足りず、お客様をお待たせさせることが多い」といった課題を抱えている企業であれば、IVR(自動音声応答)機能があるCTIソフトを選ぶとよいでしょう。

有料ソフトのトライアルであれば、多くの機能を利用できます。

しかし、CTIソフトは架電や受付など特定の業務に特化したものも少なくありません。

そのため、企業の業務に適したCTIソフトを選べば、より大きな効果を得られます。

使える期間

トライアルとしてCTIソフトを利用する場合、 無料で利用できる期間の確認が必要 です。

ソフトによって、無料期間は5日~2ヵ月と大きく異なります。

そのため、無料期間が想定より短かったとなると十分に機能を試せず、よくわからないままトライアルが終わってしまいかねません。

このような事態を防ぐためにも、事前にトライアル期間を確認し、期間内にしっかりと使用感を確認できるようスケジュールを調整しましょう。

操作性

どれだけ機能が搭載されていても、 オペレーターや管理者が使えなければ定着は困難 です。

また、無理にオペレーターに使わせたとしても、本来の目的である課題解決や業務効率化の効果を得ることは難しくなります。

完全無料やトライアルでの利用であれば、もし操作性が悪く別のソフトに変えたとしてもコスト面での影響は少なくてすみます。

しかし、あまり頻繁にソフトを変えると、現場のオペレーターも「どうせまたすぐに違うソフトになるのでは」と感じ、ソフトの習熟に消極的になるため注意が必要です。

連携機能

導入するCTIソフトは、 オペレーターや管理者が使えなければ定着は困難 です。

もし、導入したCTIソフトが既存システムと連携できない場合、入力の手間が発生する、新しいシステムの導入が必要になるといった事態につながります。

どの他システムと連携できるかは、各ソフトのホームページを確認可能です。

また、ホームページに記載がなくても連携実績を持つ可能性もあるため、直接問い合わせるのも1つの方法です。

サポート体制

CTIソフトの提供会社がどのようなサポート体制を整えているかの確認も重要です。

CTIソフトを提供している多くの会社は、不具合や操作方法が不明な場合に備えてサポートセンターを備えていますが、具体的なサポート体制はさまざまです。

特にコールセンター業務は、一般の顧客を相手にする場合が多いので どのような他システムと連携できるのか確認するのも重要 はする必要があります。

セキュリティ体制

CTIソフトの特性上、個人情報を扱うことが多いため、CTIソフトにどのようなセキュリティが備わっているかの確認は重要です。

一見、 豊富なセキュリティがあるように見えて、オプションで別料金が発生する 場合もあるので、各ソフトが備えるセキュリティを確認し、自社に適したツールを導入しましょう。

CTIソフトの無料トライアル利用時の4つの注意点


CTIソフトの無料トライアルを利用する際の注意点には、次に挙げる4つがあります。

  • 導入はしやすいか
  • 自社の課題を解決できるか
  • トライアル期間終了後の手続きはどうなるか
  • 継続的に運用できるコストか

それぞれ詳しく解説します。

導入はしやすいか

トライアルを利用する際は、 導入のしやすさを確認するのが重要 です。

セットアップや各種設定は簡単にできるのかや既存のシステムとの連携は問題ないか、運用までのどれくらいの期間が必要なのかなどを確認しておきましょう。

トライアルしたCTIソフトがよく本格導入となった際、導入のしやすさを確認できていれば、スムーズな導入が実現できます。

反対に導入にかかる手間を確認できていない場合、無理のある導入スケジュールとなり、定着に時間がかかるといった事態にもなりかねません。

自社の課題を解決できるか

CTIソフトには、架電業務や受付業務に特化したものがありますが、同じ特化型であってもソフトによって特徴があります。

そのため、 トライアル利用中に本当に自社が抱える課題を解決できるCTIソフトなのか確認する必要 があります。

確認する際は、業務効率やコストの面だけでなく、実際に利用するオペレーターがどのように感じているかも確認するのがおすすめです。

新たなCTIソフトの導入は多少の差はあれど、現場に混乱を生じさせます。

現場が混乱するリスクを負ってでも導入する価値のあるCTIソフトなのか、チェックしておきましょう。

トライアル期間終了後の手続きはどうなるか

利用するCTIソフトによって トライアル期間終了後の手続きは異なるため、事前の確認が重要 です。

トライアル期間の流れには、終了したら自動で有料版へ移行するパターン、再度契約を結びなおすパターンなどさまざまあります。

ある日いきなり使えなくなるケースは稀ですが、いきなり月額料金が発生する事態は十分に考えられます。

このような事態を防ぐためにも、事前にトライアル終了後の流れについて確認しておきましょう。

継続的に運用できるコストか

CTIソフトのトライアルによって、どれほど 業務改善の効果が得られたとしても、それ以上に運用コストが発生するのであれば 導入する意味はありません。

そのため、正式に導入した場合にどれぐらいのコストが必要なのか事前に確認しておかないと、導入後に後悔する事態にもつながります。

特に、通話料金は料金だけでなく、何分・何秒ごとに料金が発生するのかもソフトによって異なるので、確認しておきましょう。

また、CTIソフトによっては複数のプランが用意されており、希望している機能が高いプランでしか利用できない場合もあるので、こちらも確認が必要です。

完全無料で使えるCTIソフト2選


初期費用や月額料金など完全無料で利用できるCTIソフトを次の2つ紹介します。

CTIシステム 特徴
Fullfree カスタマイズ性の高さとExcelと同じ感覚で利用できる点が特徴
Bitrix24 CTI以外にもビジネスをサポートする多くの機能が搭載されている

それぞれ詳しく解説します。

Fullfree


引用:Fullfree
Fullfreeは株式会社フリースタイルが提供するCTIとしても利用可能なCRM(顧客管理)です。

カスタマイズ性の高さが特徴で、 自社にあわせた独自の顧客管理システムを構築 できます。

また、Excelとも互換性がある上、操作性もExcelとあまり変わらないため、スムーズに導入できる点も魅力です。

5台までであれば他のパソコンとも無料で共有が可能なうえ、編集制限やアクセス制限なども設定できるので、小規模であればどのような形態の組織であっても安心して利用できます。

Bitrix24


引用:Bitrix24
Bitrix24は、Bitrix社が提供する複合型のビジネスソフトです。

CRMやコンタクトセンターシステムをはじめ、プロジェクト管理やチャット・ビデオ通話機能など、 ビジネスをサポートする多くの機能が1つのソフトに搭載されている 点が特徴です。

また、クラウド版とオンプレミス版の2つが用意されていることにくわえ、19ヵ国の言語に対応しているため、どのような環境であっても利用できる点も大きな魅力といえるでしょう。

容量や一部の機能に制限があるもののフリープランが用意されているため、有料版に移行しない限り基本無料で利用可能です。

期間限定で無料使用できるCTIソフト8選


トライアルとして一定期間無料で利用できるCTIソフトを次の8つ紹介します。

CTIシステム 特徴
List Navigator. 架電業務に特化したCTIでトライアルは延長も可能
CT-e1/SaaS カスタマイズ性が高く自社にあわせた運用が可能
CT-MAX 充実した機能を備えオールインワンで利用できる
CALLTREE 使用者を選ばないシンプルな操作画面
ftel 電話回線がなくても利用可能
CallConnect 最短即日で開設が可能
Comdesk Lead 国内唯一のモバイル回線を利用できるCTI
Genesys Cloud CX AIを活用した業務改善が可能

それぞれ詳しく解説します。

List Navigator.


引用:List Navigator.
List Navigator.は株式会社Scene Liveが提供する アウトバウンドに特化したCTIソフト です。

架電方法は5種類用意されており、特にプレディクティブコールと呼ばれる複数回線に同時発信をおこない、応答があったコールのみに接続する機能は独自開発の機能です。

また、導入に際しては特別な設備を用意する必要もなく、現在使用している電話回線もそのまま使用できます。

トライアルは公式ホームページの「申し込みは専用フォーム」から申し込み可能です。

最大15日のトライアル延長も可能で、しっかりと機能や操作性を確認できます。

CT-e1/SaaS


引用:CT-e1/SaaS
CT-e1/SaaSは株式会社コムデザインが提供するCTIサービスです。

 高いカスタマイズ性が特徴で、他ソフトでは対応できないような細かい要望まで取り入れて実現 してくれます。

基本機能も充実しており、IVRやACD(着信呼自動分配装置)をはじめ、コールセンターをサポートする機能を多く備えています。

なお、CT-e1/SaaSのトライアルはサービス料金こそ必要ないものの、通話料金に関しては実費が発生する点には注意が必要です。

CT-MAX


引用:CT-MAX
CT-MAXは株式会社エナジーパートナーが提供するクラウド型のCTIソフトです。

アウトバウンド・インバウンドどちらにも対応できる機能を備えている点が特徴で、 どのようなコールセンター業務にも対応 できます。

また、色の変化や点滅で稼働状態をわかりやすく表示してくれるなど、わかりやすい画面構成となっている点も魅力です。

トライアル期間中であっても、機能の制限なく利用できるため、しっかりと使用感を確かめられます。

CALLTREE


引用:CALLTREE
CALLTREEは株式会社ジーシーが提供するCTIソフトです。

10年以上のコールセンター運営で得たノウハウを活かした、 現場に寄り添ったシンプルな操作性が特徴で、人を選ばず利用 できます。

複数の発信方法やポップアップ機能、ログイン管理など機能が充実しているほか、訪問やリモート操作などサポート体制も充実しています。

CALLTREEはトライアルとして、14日間無料で使用可能です。

ftel


引用:ftel
ftelはコムソル株式会社が提供するクラウド型のCTIソフトです。

ftelは電話回線を必要としないCTIソフトで、 パソコンやヘッドセットなどがあれば電話機がなくとも電話営業 ができます。

クラウド型のため低コストでの運用を実現しており、小規模のコールセンターであっても無理なく継続して利用可能です。

低コストながらモニタリング機能やIVR、全通話録音など機能が充実している点も魅力。

トライアル期間として14日間無料で利用可能です。

CallConnect


引用:CallConnect
CallConnectはselfree社が提供するクラウドのCTIソフトです。

スピーディに開設できる点が特徴で、パソコンとインターネット環境、ヘッドセットなど 簡単な設備を用意すれば、最短即日でコールセンターを開設 できます。

また、Salesforceやkintone、Chatworkなど、多くのCRMやチャットツールと連携できる点も嬉しいポイントです。

CallConnectでは14日間の無料トライアルが用意されています。

Comdesk Lead


引用:Comdesk Lead
Comdesk Leadは株式会社Widsleyが提供するCTIソフトです。

国内で唯一 モバイル連動しているCTIソフトで、ネットがつながらない環境であってもモバイル回線を使って操作 できます。

また、モバイル回線での利用には定額プランも用意されており、通信費を平均で70%削減可能です。

無料トライアルも用意されていますが期間は5営業日と短めなので、Comdesk Leadのトライアルを利用する際は、事前に確認する内容を固めておくのがおすすめです。

Genesys Cloud CX


引用:Genesys Cloud CX
Genesys Cloud CXはジェネシスクラウドサービス株式会社が提供するCTIソフトです。

Genesys AIと呼ばれる人工知能も搭載されている点が特徴で、チャットボットによる業務の自動化や、よくある質問に対する自動返信などの AIを活用した業務改善 ができます。

また電話だけでなく、メールやチャット、LINEなど複数の連絡窓口が備わっており、顧客に対して複数の問い合わせ窓口を提供できるため、顧客満足度の向上にも貢献してくれるでしょう。

フリーソフトを活用して自社に最適なCTIソフトを導入しよう


CTIソフトを無料で利用する方法には「完全無料のCTIソフトを利用する」「期間限定のトライアルを利用する」の2つがあります。

完全無料のCTIは機能がシンプルなものが多く、利用可能人数にも制限があるため小規模コールセンターや多くの機能を求めていない企業におすすめです。

一方、トライアルは有料CTIを本格導入する前の確認として利用するとよいでしょう。

CTIの導入によって 架電業務の改善を求めている方は、株式会社Scene Liveが提供するList Navigator.のトライアル をぜひお試しください。

List Navigator.には5つの架電方法をはじめ、架電業務をサポートする機能が多く搭載されており、最大で架電効率を5倍にまで引き上げられます。

また、クラウド型のCTIソフトのため、特別な設備も必要なく最短3営業日で運用できるため、お急ぎの方であってもすぐに運用が開始できます。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!