228

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2024.05.27更新

新規顧客開拓の成功事例8選!具体的な方法や成功のポイントなどを解説

新規顧客の開拓をどのようにすればいいのか悩んでいる担当者の方は多いのではないでしょうか。

コールセンター事業に関わらず新規顧客の開拓をするためには、具体的な成功事例から学ぶことが大切です。

しかし、自社に落とし込めるような新規顧客の開拓方法を探すのは難しく、時間がかかることも多いでしょう。

本記事では、BtoBからBtoCに至るまで、多岐にわたる業種における新規顧客開拓の成功事例を、実際の企業名を挙げて紹介します。

また、効果的な新規顧客の開拓方法や成功させるためのポイントなども詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 競合他社に差をつけて市場での優位性を確保するための具体的なアクションプランが明らかになるでしょう。 

新規顧客を開拓する際の失敗の共通点を避けつつ、実績のある手法を自社の戦略に落とし込むことで、収益増加はもちろん、持続可能な成長を実現するための手助けにしてください。

■合わせてよく読まれている資料
導入時3つのチェックポイント」も合わせてダウンロードいただけます。

導入時3つのチェックポイント

新規顧客の開拓とは


新規顧客の開拓とは、 今まで関わったことのない新しい取引先や顧客を見つけ、自社の製品やサービスを利用してもらうための営業活動 です。

既存顧客だけで事業活動を進めることも間違いではありませんが、継続的に新しい顧客を取り込むことで、安定した事業活動が可能です。

そのため、新規顧客の開拓は、事業の成長においてとても重要な施策の1つといえるでしょう。

成功事例を学ぶことで、どの戦略が効果的であったか、またどのように実行すればよいかのヒントが得られます。

【BtoB】新規顧客開拓の成功事例


BtoB市場において新規顧客を開拓することは、企業の持続的な成長に必要です。

ここでは、 「Google LLC」と「ちきゅう株式会社」がどのようにして新規顧客を獲得して事業を拡大しているかの事例 を紹介します。

Google LLC

Google LLCは検索エンジン技術を起点に、 広告事業やクラウドサービスなど、多岐にわたる分野で事業を展開しているテクノロジーカンパニー です。

新規顧客の開拓においては、主にデータマーケティングとAI技術を活用したターゲティングを行い、特定した顧客に最適化された広告が特徴です。

特に、Google広告やGoogle Analyticsのようなツールは、企業が新規顧客にリーチする上で重要な役割を果たしているため、活用している企業は顧客基盤の拡大と売上増加を実現しています。

Google LLCの成功事例は、他の企業でも参考になる点が多いため広く認知されています。

ちきゅう株式会社

ちきゅう株式会社は、 環境に配慮した製品やサービスを企業向けに提供している会社 です。

新規顧客の開拓方法としては、デジタルマーケティングと直接営業のハイブリッド戦略を導入しています。

オンラインでの教育セミナーと展示会への積極的な参加により、潜在顧客との接点を増やしたことで、具体的な顧客ニーズに応じた提案ができるようになりました。

オフラインとオンラインのハイブリッド戦略は、新規顧客と市場のシェア、両方を拡大させることが期待されます。

■合わせてよく読まれている資料
導入時3つのチェックポイント」も合わせてダウンロードいただけます。

導入時3つのチェックポイント

【BtoC】新規顧客開拓の成功事例


BtoC企業における新規顧客の開拓は、競争が激しい市場での成長のきっかけになります。

ここでは、「株式会社ベガコーポレーション」と「株式会社ニトリ」の成功事例を紹介します。

株式会社ベガコーポレーション

株式会社ベガコーポレーションは オンライン家具・インテリアに特化した企業で、幅広い顧客層にアプローチするためにデジタルマーケティングを駆使した戦略 を展開しています。

特に、SNSとインフルエンサーマーケティングに力を入れており、ターゲットとする顧客層に合わせたコンテンツを制作・共有することで、若年層からの関心を集めています。

デジタル時代の時流に沿った手法を取り入れることで、認知度と売上に大きく貢献できるでしょう。

株式会社ニトリ

株式会社ニトリは 家具とインテリア用品の大手小売業者で、日本全国に広範な店舗ネットワーク を有しています。

新規顧客の開拓としては、オンラインとオフラインの統合マーケティング戦略を効果的に活用しています。

特に、店舗とオンラインストアのシームレスな連携を強化することで、顧客体験を向上することに注力しています。

また、価格戦略においても「お、ねだん以上。」というスローガンを掲げて、価値ある商品を手頃な価格で提供することで新規顧客の関心を引きつけています。

顧客に誠実に向き合うことで、新規顧客の獲得成功と業績の安定性につながっているといえるでしょう。

【方法別】新規顧客開拓の成功事例4選


新規顧客を開拓するためには、企業に合ったさまざまな方法があります。

ここでは、 SNSマーケティングやウェブサイト、動画広告、ECサイトを活用した企業の成功事例 を紹介します。

それぞれの事例とアプローチ方法を知ることで、どのようにして顧客獲得につながり、企業の成長を加速させるのかを参考にしてください。

【SNSマーケティング】KENZO

KENZOはフランス発の高級ファッションブランドで、斬新なデザインと鮮やかな色使いで知られています。

近年KENZOは、 インスタグラムとフェイスブックを積極的に活用 してブランドのビジュアルを全面的に宣伝することで、若年層を中心にブランドの認知度を大幅に高めることに成功しました。

また、限定コレクションの発表や特別なイベントのライブ配信を行うことで、直接顧客とのエンゲージメントを強化しています。

KENZOはSNSマーケティングにより、新規顧客を効果的に獲得できたため、SNSを通じた売上も増加したのです。

【ウェブサイト】THE BAKE MAGAGINE

THE BAKE MAGAZINEは、初心者からプロの料理人までをターゲットにしているオンライン雑誌で、具体的な料理のヒントやレシピが評価されています。

THE BAKE MAGAZINEのウェブサイトは、 使いやすさと視覚的な魅力 に重点を置いており、高品質の写真と簡潔に役立つコンテンツで読者を引きつけています。

また、検索エンジン最適化(SEO)も積極的に行っていることが特徴です。

ウェブサイトの戦略による検索エンジンからの流入を大幅に増加させることは、新規顧客の獲得に直結します。

【動画広告】ジョブカン

ジョブカンは、労務管理ソフトウェアを提供する企業で、特に中小企業向けに簡易性と費用対効果の良いサービスを展開しています。

ジョブカンの新規顧客開拓の特徴は、 動画広告を積極的に活用している 点です。

動画を活用することで、製品の使い勝手の良さや導入による効率化の実例を具体的かつ視覚的にアプローチしています。

動画広告の導入は、ブランド認知度を大きく向上させ、多くの新規顧客が製品に興味を持つきっかけとなるでしょう。

結果的にジョブカンへのアクセス数とコンバージョン率が増加したことで、企業の成長に大きくつながりました。

【ECサイト】PEACH JOHN

PEACH JOHN(ピーチジョン)は、若い女性を主なターゲットとしたインナーウェアおよびアパレルの人気ブランドです。

PEACH JOHNのECサイトは、 魅力的なデザインと使い勝手の良さ で知られており、顧客に快適なショッピング体験を提供しています。

また、モバイル端末にも最適化されており、スマートフォンからのアクセスが簡単なため、シームレスな購入が可能です。

さらに、AIを活用したおすすめ機能を導入したことで、ユーザーの興味や過去の購入履歴に基づいた商品提案も行えます。

PEACH JOHNが新規顧客の開拓で行った工夫は、新規顧客を効果的に引き寄せて、顧客のリピート率も向上させました。

新規顧客開拓を成功させるためのポイント5つ


新規顧客を開拓するためには、戦略的かつ体系的なアプローチが必要です。

ここでは、 新規顧客開拓を成功させるための5つのポイント をわかりやすく解説します。

紹介するポイントを実践することで、持続可能な成長を達成して市場での競争力を高められます。

顧客のリサーチを十分行う

新規顧客の開拓において、 顧客のリサーチを十分行う ことが大切です。

顧客のリサーチを行うことで、市場のニーズや顧客の期待を正確に把握できるためです。

例えば、リサーチすることで、製品やサービスが実際に市場に受け入れられるか、どの点を改善すべきかが明らかになります。

しっかりとしたリサーチに基づくアプローチは、新規顧客獲得の成功率を高めるきっかけとなるでしょう。

情報や活動を共有する

 情報や活動を共有する ことは、新規顧客の開拓に重要な役割となります。

共有することで、企業は透明性を高められるため信頼を築けます。

例えば、製品開発の過程や成功事例を顧客と共有することで、顧客の関心を惹きつけられるため、エンゲージメントを深めることが可能です。

情報を積極的に共有することは、新規顧客の獲得に大きく貢献できるでしょう。

長期的な開拓を視野に入れて取り組む

新規顧客の開拓には、短期的な成果だけでなく、 長期的な開拓を視野に入れて取り組む ことが大事です。

顧客と長期的な視野を持って関わることで、深い信頼関係が築かれて最終的な売上につながるためです。

例えば、一度の取引で終わるのではなく、継続的なサービス提供を通じて顧客の信頼を深めます。

長期的な視野を持って顧客と関係を持つことで、企業は新規顧客を確実かつ効果的に開拓できます。

開拓する方法を併用する

新規顧客を開拓する際には、 複数のアプローチ方法を併用する ことが効果的です。

異なるチャネルと戦略を通じて、広範囲の顧客層にアプローチできるためです。

例えば、オンライン広告やイベントマーケティング、SNS戦略を組み合わせることで、より多くの潜在顧客にリーチできます。

複数の新規顧客の開拓方法を併用することで、新規顧客開拓の成功確率を高められるでしょう。

ツールを効果的に使う

新規顧客の開拓では、 ツールを効果的に使う ことがとても大切です。

ツールを効果的に使うことで、マーケティングの効率化やデータの活用ができるためです。

例えば、CRM(顧客関係管理)ツールを活用することで、顧客情報を一元管理できるため、ターゲット顧客に合わせたコミュニケーションが実現できます。

効果的にツールを活用することで、新規顧客開拓の成功を大きくサポートできるでしょう。

新規顧客を開拓する方法は大きく分けて2つ


新規顧客を開拓する方法は、 大きく「プッシュ型」と「プル型」の2つ に分かれます。

それぞれのメリットが違うため、効果的な顧客開拓を目指すには理解と適切な活用法が必要です。

ここでは、プッシュ型とプル型の2つの新規顧客の開拓方法について詳しく解説します。

プッシュ型

プッシュ型のマーケティング戦略は、 製品やサービスを提供側から顧客にアプローチする方法 です。

プッシュ型にする主な目的は、顧客の認知度を高めて製品の存在を積極的に知らせることです。

例えば、広告やプロモーション、セールスコール、展示会などを行うことで、顧客は製品情報を直接受け取れるため購買への動機付けになります。

プッシュ型の新規顧客開拓は、新製品の市場への導入や即時の売上増加が求められる場合に有効です。

プル型

プル型のマーケティングは、 顧客の興味や需要を自然に引き寄せるために行うマーケティング手法 です。

プル型は、顧客が自発的に製品やサービスに近づくように導線を引きます。

具体的には、検索エンジン最適化やコンテンツマーケティング、SNS活用が主な手段です。

プル型のマーケティングをすることで、顧客の興味を引き自然に製品やサービスへの関心を高められるため、持続可能な顧客関係を築くのに適しています。

新規顧客を開拓する具体的な方法7選


新規顧客を開拓する方法は多岐にわたりますが、ここでは効果的な 「プッシュ型」と「プル型」の具体的な手法を7つ 紹介します。

具体的な新規顧客を開拓する方法を理解して適切に選択することで、新規顧客開拓の成功率が高まるでしょう。

プッシュ型

本章では、新規顧客を開拓する 「プッシュ型」の具体的な方法 を詳しく解説します。

訪問営業

訪問営業は、 直接顧客に会うことで信頼関係を築きながら、製品やサービスを紹介するプッシュ型のマーケティング方法 です。

顧客に合ったアプローチと質問へ即座に応えることができるため、購買意欲を強く促せます。

特にBtoB市場で効果的であり、直接的な対話を通じて顧客のニーズに深く対応できるのです。

訪問営業は、高いコンバージョン率と顧客満足度を達成することが期待できます。

テレアポ

テレアポは、 電話を通じて直接的に顧客にアプローチするプッシュ型のマーケティング手法 です。

テレアポでは、迅速に大量の顧客と接点を持てるため、効率的にリードを獲得できます。

特に、初期の顧客との関係性の構築に有効なため、貴重なフィードバックが得られるでしょう。

テレアポは製品やサービスの改善点を特定しやすくなるため、次の商談につながる良いマーケティング手法です。

DM(ダイレクトメッセージ)

DM(ダイレクトメッセージ)は、 ターゲット顧客に直接郵便や電子メールを送ることで製品やサービスを宣伝するプッシュ型の戦略 です。

パーソナライズされたメッセージは顧客の注意をひけるため、プロモーションや限定オファーの告知に効果的です。

また、顧客の興味や過去の購買履歴に基づいてカスタマイズできるため、高いレスポンス率とエンゲージメントも期待できます。

チラシ配り(ポスティング)

チラシ配り(ポスティング)は、 広告が印刷されたチラシを一軒家やマンションに直接配布することで、地域の顧客にリーチする古典的なマーケティング手法 です。

チラシを配布することで、特定のエリアに住んでいる方に広告を物理的に手に取ってもらえるため、印象を持ってもらいやすいです。

特に、地域に根ざしたマーケティング戦略が必要なローカルビジネスやイベントのプロモーションなどに効果があります。

チラシ配りは古典的な手法ではありますが、特定のエリアの顧客に直接アプローチする際には現代でも有効です。

プル型

ここからは、新規顧客を開拓する 「プル型」の具体的な方法 を詳しく解説します。

ウェブ広告

ウェブ広告は、 インターネット上に出稿する広告を通して顧客にリーチするマーケティング手法 です。

検索エンジン広告やSNS広告を利用することで、顧客が自発的に製品やサービスに関心を持つよう促します。

ウェブ広告はターゲットを絞った広告展開ができるため、顧客の興味や検索履歴に基づいた広告を出稿することで多くのリーチを獲得できます。

効果的なウェブ広告は、顧客のエンゲージメントを大幅に高められるため、新規顧客の開拓に大きく貢献できるでしょう。

SEO・MEO

SEO(検索エンジン最適化)とMEO(マップエンジン最適化)は、 検索エンジン結果で自然な露出を高めるマーケティング手法 です。

SEO・MEOを強化することにより、顧客が自発的にウェブサイトや地図情報へ訪れることが増えます。

自社サイトや店舗への流入数増加や高いリード獲得率が見込めるでしょう。

SEOとMEOは、オンラインでの視認性とアクセスの向上を図る上で不可欠な手法です。

SNS運用・広告

SNS運用・広告は、 X(旧Twitter)やインスタグラム(Instagram)などのプラットフォームを活用して、ブランドの認知度を高めて顧客とのエンゲージメントを促進するマーケティング手法 です。

ターゲット顧客が日常的に使用しているプラットフォームを運用し、広告を出稿することで、自然な顧客流入を促せます。

また、SNSを通じて直接顧客とコミュニケーションを取ることは、ブランドの信頼性を高めることにもつながります。

SNS運用・広告を効果的に行うことで、顧客基盤の拡大と新規顧客の開拓にも効果があるでしょう。

新規顧客開拓に役立つ具体的なツール


新規顧客開拓において、適切なツールの選択と活用は成功への大きなカギとなります。

ここでは、 新規顧客の開拓に役立つ具体的なツールを3つ 紹介します。

下記で紹介するツールは、効率的なマーケティング活動の自動化や営業プロセスの最適化、顧客データの一元管理といった機能を備えているため、新規顧客の開拓と既存顧客との関係強化に貢献できるでしょう。

MA(マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)は、 企業のマーケティング活動を自動化することで、効率的なアプローチを実現 できます。

MAツールは、メールマーケティングやリードスコアリング、キャンペーン管理など、複数の機能を1つのプラットフォームで管理できます。

また、顧客の行動を追跡することで、適切なタイミングで顧客に合ったメッセージを送ることも可能です。

MAツールを導入することで、顧客エンゲージメントを向上し、新規顧客の開拓につながります。

SFA(営業支援ツール)

SFA(営業支援ツール)は、 営業活動の計画や実行、分析を一元管理し、営業の生産性を向上できるツール です。

リード管理や営業パイプラインの追跡、営業成果の分析などの機能が備わっています。

SFAを活用することで、営業は顧客情報に基づいた戦略的なアプローチをとることができるため、より効果的に顧客にアプローチすることが可能です。

SFAにより、企業は効率的に新規顧客を獲得できるため、結果的に売上増加につながります。

CRM(顧客関係管理ツール)

CRM(顧客関係管理ツール)は、 顧客情報を一元管理し、顧客との関係を深められる強力なツール です。

特に、List Navigator.のようなサービスは、顧客データを効果的に整理して分析することで、個々の顧客に最適な対話やサービスを提供できます。

引用:List Navigator.

CRMツールは顧客とのやり取りを追跡することで、これまでの情報を集約し、営業やマーケティングの効果を最大化できるでしょう。

また、新規顧客の開拓において、顧客理解を深めることは関係構築においてとても重要です。

List Navigator.のようなサービスを利用することで、企業は顧客のニーズに合った提案ができるようになるため、顧客満足度と売上向上にもつながります。

まとめ:過去の成功事例と効果的なツールを駆使して新規顧客を開拓しよう!


記事で紹介した 企業や手法、ツールを参考に、新規顧客の開拓に努めましょう。 

BtoBやBtoCの分野での成功事例から、SNSマーケティングやウェブサイト、動画広告などさまざまな手法が、新規顧客の開拓を成功させます。

また、効果的なマーケティング手法のプッシュ型とプル型を戦略的に併用した上で、List Navigator.のようなツールを活用すると、営業効率の向上や売上増加に貢献します。

成功事例と適切なツールを知っておくことで、ビジネスでも新規顧客の開拓を最適化できるでしょう。

■合わせてよく読まれている資料
導入時3つのチェックポイント」も合わせてダウンロードいただけます。

導入時3つのチェックポイント