2010

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2023.04.16更新

テレマーケティングとは?悩みを解決するおすすめのサービスも紹介

近年、テレワークが急激に普及したことでテレマーケティングによりいっそう注目が集まりました。

テレマーケティングは訪問営業に割いていた時間や費用を大幅に削減できるので、今や多くの企業が行っているマーケティングの手法のひとつです。

本記事では、テレマーケティングのメリット、成功へのコツやポイントを解説します。

テレマーケティングの成果を上げるのに有用なおすすめのシステム4選も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料
インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術」も合わせてダウンロードいただけます。

インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術

テレマーケティングとは

テレマーケティングとは、電話や通信技術を用いて顧客とやり取りし 販促活動を行うマーケティング手法 のことです。

顧客に電話をかけ販売促進活動を行うだけでなく、商品やサービスの問い合わせに対応するインバウンド業務も含まれます。

直接、顧客に対しアプローチがすることが可能なため、成約へ向けて期待ができるでしょう。

テレマーケティングの種類

 テレマーケティングは「インバウンド」と「アウトバウンド」に分けられます。 

それぞれに目的があり、営業内容にも違いがあります。

インバウンドマーケティングはWebやSNSなどが普及するとともに需要が高まっており、企業にとってこれから大きく飛躍すると予想されるビジネスの手法のひとつです。

申し込みなどの手続きやサポート、また苦情クレームの対応も含まれるため幅広く複雑化している背景があります。

アウトバウンドマーケティングは、多くの企業に使われる重要なビジネスの手法です。

商品やサービスを顧客にPRするのが主な内容ですが、購入の一押しをしたり継続利用をしてもらったりするためのフォローなどもアウトバウンドマーケティングに含まれます。

業務内容や特徴について以下に解説します。

インバウンドマーケティング

顧客からの問い合わせの電話に、 オペレーターが「電話を受ける」対応がインバウンドマーケティング です。

プル型のマーケティング施策といわれています。

  • ひきつける
  • 信頼関係の構築
  • 顧客の満足

インバウンドマーケティングの方法は、上記のプロセスを経ることなのです。

アウトバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは異なり 「電話を発信する」プッシュ型のマーケティング施策が、アウトバウンドマーケティング です。

企業が顧客に向けて、商品やサービスの存在をアピールする方法です。

結果に即効性があるのが特徴で、特に潜在顧客に対して効果を得られるでしょう。

■合わせてよく読まれている資料
インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術」も合わせてダウンロードいただけます。

インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術

テレマーケティングのメリット5つ

訪問では対面であった営業も、テレマーケティングでは電話を用いるので非対面となります。

たとえ非対面であっても、 営業活動を積極的に行えるのがテレマーケティングの強み です。

テレマーケティングには、もちろんデメリットもありますがメリットの方が大きいため、導入を検討するべきでしょう。

  • 営業効率がアップする
  • 人件費を削減できる
  • 生産性が上がる
  • 顧客満足度の向上が見込める
  • 新規顧客・見込み客へアプローチできる

それぞれのメリットについて、順に解説します。

営業効率がアップする

テレマーケティングでは、1日に行える営業活動が訪問営業に比べて多くなります。

なぜなら、訪問するために費やしていた時間を充てられるからです。

 足を運んで行う営業活動よりはるかに効率が良い といえるでしょう。

移動手段を考えていた時間や、天候に左右されることもないため営業活動を行う担当者の負担が大きく緩和されるメリットがあります。

限定されたエリアだけでなく、国内外にもアプローチをかけられるのがテレマーケティングの強みです。

人件費を削減できる

生産性を上げるにはどうしても人材が必要。
そのため、人件費を削減する難しさに悩まれている企業も少なくありません。

 電話1本で行える営業活動がテレマーケティングの特徴 です。

そのためテレマーケティングでは、 少ない人員数でも営業活動を行える ので、これまで営業業界で難しいといわれていた人件費の削減が可能となります。

生産性が上がる

営業の生産性とは、これまで費やした時間や労力がどれほどの価値を生み出せたかをみるものです。

テレマーケティングは非訪問型の営業活動なので、交通費や出張費などの費用がかかりません。

活動におけるプロセスを簡素化し、 営業担当者ひとりにかかっていた付帯費用がなくなる ことは大きなコストカットにもなります。

営業活動における工数を把握し不要なものをカットすることで、テレマーケティングに効率的に取り組めます。

顧客満足度の向上が見込める

テレマーケティングでは、 訪問を必要としないためスムーズで迅速な対応が可能 です。

特に、困りごとなどの相談にはスピード感のある対応力が求められますが、実現できるのがテレマーケティングです。

顧客との信頼関係は、対面でしか築けないわけではありません。

顧客の要望やニーズ、悩みといった解決策や提案を提示するなど対話を行う時間が多ければより良好な関係性を構築できます。

このように、 顧客一人ひとりに細やかなサポートができる ことで顧客の満足度の向上が見込めるでしょう。

新規顧客・見込み客へアプローチできる

テレマーケティングでは遠方の顧客へのアプローチが行えるので新規顧客開拓の幅が広がります。

そして、移動時間などの活動工数を減らすことで多くの営業を行えるため、新規顧客の獲得に集中できるでしょう。

したがってテレマーケティングは、より 成約へとつなげられる有効な手段 といえます。

新規顧客獲得は、既存顧客より利益率が低いと考えられていますが、テレマーケティングを導入することにより顧客獲得に期待ができるでしょう。

テレマーケティングを成功へ導くコツ


テレマーケティングを成功させるためのコツがあります。
ただ単に架電するだけでは、営業効率も上がりません。

下記のコツについて、解説します。

  • 目的を明確にする
  • 事前準備を万全に行う
  • ITツールを活用する

目的を明確にする

まずは、テレマーケティングにおける目的を明確にすることから始めましょう。

  • 新規顧客の獲得
  • 販売促進
  • 顧客のサポート

上記のように目的はさまざまです。
自社がどこに力を入れていきたいかを明確にし、目的に沿った方法で行いましょう。

営業活動を活発に行うのが目的であれば、新規顧客獲得にはテレマーケティングが合理的です。

飛び込み営業と違ってテレマーケティングでは、 多くの件数にアプローチをかけられる からです。

テレマーケティングはその名のとおりマーケティング要素が含まれているので、商品やサービスを売り込むだけでなく顧客対応までの幅広い意味を持ちます。

したがって、顧客目線でテレマーケティングを行うことが重要です。

事前準備を万全に行う

テレマーケティングを行う前には準備しておきたいことがあります。

トークスクリプト オペレーターのトーク技術が均等化
データシート 情報の内容をデータ蓄積
FAQ 「よくある質問」と「回答集」のこと

トークスクリプトとは、顧客とどのような順序でどのような内容の話をするのかをあらかじめ決めた台本(スクリプト)です。

したがって、トークスクリプトがあればオペレーターのトーク技術が均等化されるだけでなく、顧客との対話がスムーズに行えます。

流れに沿って対応するので、 初心者でも安心してやりとりを行える有用な手段 といえます。

営業トークの基準を作り、顧客対応が均一で良質な内容のトークスクリプトがあればオペレーターの負担も軽減できるでしょう。

データシートは、シートの内容に基づき、顧客のニーズや分析を行うことでマーケティング施策を効果的にすすめられます。

FAQ (Frequently Asked Question)は、「よくある質問」と「回答集」のことです。

これまでどのような内容の質問があったか、改善すべき点を常にアップデートし、テレマーケティング業務をスムーズに簡易化しましょう。

ITツールを活用する

テレマーケティングはアウトソーシングを利用するのもひとつの方法ですが、コストやセキュリティの問題が発生する可能性が示唆されます。

そこで導入したいのがITツールです。

アウトバウンドからインバウンドマーケティングまで幅広く活用でき、 業務の効率化を目指すだけでなく人件費を削減できる メリットなどが多数あります。

導入コストも低く、 運用活用していくことでITツールのパフォーマンスが最大限に発揮 されます。

テレマーケティングのサービスを選ぶポイント


テレマーケティングサービスを選ぶポイントは3つあります。

さまざまなシステムの情報を収集し、自社にとって有効性の高いものを取り入れていきましょう。

営業活動において問題があった業務内容でも、導入したことで解決されたというケースも見受けられます。

それぞれ解説します。

自社の業務形態に適しているか

むやみにテレマーケティングサービスを導入するだけでなく、 自社にあった内容であるかを確認 することが重要です。

どのようにテレマーケティングを行っていきたいかを、社内でよく検討し明確にしておきましょう。

費用対効果が見合っているか

 初期費用、料金設定、ランニングコストを比較検討 しましょう。
費用対効果が見合っていないと、コスト削減のために導入したサービスが無駄となってしまいます。

  • サービスの内容、機能が本当に必要かを検討すること
  • 不要なコストを抑えること

上記の2点が、費用対効果にとって重要なポイントとなります。

セキュリティ対策は万全か

顧客情報などを扱うため、セキュリティ対策が万全でないといけません。

情報資産には、社内に限らず顧客から知り得た大切な情報があります。
厳格な管理、適切な取り扱いがされているか確認が必須です。

サービス提供を行っている企業が、 どのようにセキュリティ対策を講じているか をしっかり見ておきましょう。

テレマーケティングにおすすめのシステム3選


成果が上がるテレマーケティングを行いたいのであれば、やはり ITツールの導入が断然おすすめ です。

料金体制や、サービス内容、システムの使いやすさなど各提供企業によって特徴や内容が異なります。

ポイントをおさえながら、各システムについて検討し導入を積極的にすすめましょう。

活用することで、今後の利益率にもよい影響をもたらすでしょう。

おすすめのシステム3つを紹介します。

  • List Navigator.
  • 楽テル
  • 楽天コネクトSmaCom

List Navigator.


引用:List Navigator.

株式会社Scene Liveが提供するアウトバウンドに特化した「List Navigator.」は、累計導入社数NO.1を誇っています。

それほどまでに選ばれている理由は、業務効率化を最大限に発揮したコールシステムとシステムの使いやすさにあります。

  • オペレーターの稼働状況を可視化
  • 使いやすいUI
  • Call Analytics(コール アナリティクス)

Call Analytics(コール アナリティクス)がスタートし、AIによる自動音声解析が可視化されました。

顧客との会話をAIが自動分析し、営業成果につなげていくことが可能な機能です。

会話の文字起こしもできるため、オペレーターのトーク向上のために利用でき、 架電業務の効率を上げるための機能が搭載 されています。

オートコールは、自動発信ができる機能でオペレーターの待ち時間を短縮し架電効率化が可能です。

「架電数をあげたい」「待ち時間を短縮したい」「見込み数を増やしたい」といった要望を解決できるのがこの機能。

標準装備されている「プレクティブコール発信」は、最大5倍の一斉発信が可能。

状況に合わせて調整できる柔軟性もあります。

 架電業務の効率を上げるために充実した機能が搭載 しているのが、このList Navigator.です。

オペレーター画面が「誰でも使いやすいシンプルなUI」設定もそのひとつ。

誰でも使いやすい、扱いやすいといった項目も業務効率には欠かせない要素です。

社員数の少ない小規模の企業でも導入でき、導入前後のサポート体制も万全なのでスタートアップ企業にもおすすめのサービスです。

楽テル


引用:楽テル

株式会社ラクスが提供する「楽テル」は、クラウド型のCRM(顧客管理)システムです。

 利用継続99%と高いリピート率を獲得 しており、以下のような特徴があります。

  • テンプレートが初期搭載
  • カスタマイズが自由
  • 運用開始支援サポート

問い合わせやアウトバウンド管理などに対応したテンプレートが初期搭載されており、業務をすぐにスタートできます。

操作画面のレイアウトももちろん、管理項目の追加など使いやすいよう 自在にカスタマイズが可能 なところがポイント。

楽天コネクトSmaCom


引用:楽天コネクトSmaCom

「楽天コネクトSmaCom」は、コミュニケーションズ株式会社が提供するシステムです。

クラウド型のコールセンターシステムで、テレワークにも活用できます。

繁忙期や閑散期にも、 オペレーターの数を増減できる柔軟な対応が可能 な点が魅力です。

オペレーターの状況に応じて、着信を自動分配する機能があります。
営業時間内にはオペレーターへ、時間外にはガイダンス再生するというように振り分けられるのがテレワークにも活用できる機能です。

24時間体制で行われる手厚いサポートもあり、安心して導入できるでしょう。

テレマーケティングを成功させるには

 テレマーケティングを成功させるには、まず業務の効率化 を目指しましょう。

アウトソーシングを利用するのも良い方法ですが、ぜひ検討してほしいのがITツールの導入です。

その中でも特におすすめなのが「List Navigator.」です。

テレマーケティングに関して充実した発信機能が搭載されているため、 業務の効率化を目指すとともに成果を上げることが可能 になります。

詳細は「システムパンフレット」をご確認ください。

導入後のサポートも徹底しており、システムの初期設定から運用方法の相談まで手厚いサポートも受けられるので、初めてシステムを導入する場合でも安心して運用できるでしょう。

■合わせてよく読まれている資料
インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術」も合わせてダウンロードいただけます。

インサイドセールスを強化するコール分析とセールストーク術