33

2021.11.16更新

【2021年最新】おすすめのSFAツール比較10選|サービス内容を徹底比較

企業の営業活動は、生産性をあげたりスケジュール管理を効率化したりと、やることが多々あります。商品やサービスに大きな差がなくなってきた昨今、顧客満足度を左右するのは、営業担当者と顧客の関係性。営業マンの業務効率化をはかり、顧客満足度を向上させるために、最近ではSFAを導入する企業が増えています。

本記事では、SFAの概要と導入するにあたって押さえたい基準、おすすめのSFAを解説します。

SFAとは

SFA(Sales Force Automation)とは、企業全体の営業活動を可視化できるようにし、生産性の向上を図るツールのこと。営業や経営の判断を、スピーディーに行える情報共有ツールでもあります。社内の営業マンが抱える案件や予実、スケジュールが一元管理できるため、営業活動の無駄を可視化し大幅に削減することが可能です。

また、即座に問題点の洗い出しや改善点の把握ができるのも、SFA導入のメリット。管理者もリアルタイムで上がってくる情報に触れることができるため、適切な営業活動にプラスの影響を与えます。

SFAとCRMの違い

SFAとよく似たものにCRM(Customer Relationship Management)があります。違いは、管理する対象が異なることです。

SFAは、営業マンが持っている顧客情報を営業活動に活用するために、さまざまな進捗をデータにする目的があります。一方CRMは、顧客情報の管理を目的としており、顧客満足度の向上や顧客それぞれに対してのアプローチのために使われます。現在進行形の情報を管理するのがSFA、すでにあるデータを保管・管理するのがCRMという風に覚えておきましょう。

SFA導入で期待できる効果

SFAを導入することで、営業担当者が特定の顧客にどのようなアプローチをしており、現在顧客がどのようなステータスなのかを把握できるようになります。業務報告も手軽にできるため、営業マンの負担軽減にも役立つでしょう。また、引継ぎなどで担当者が変更になる場合も、SFAのデータを見れば、大がかりな引継ぎが不要になります。

さらに管理者側にも、営業マンの指導やアドバイスをしやすくなるメリットが。営業マンの動きが見えると、KPIやKGIに向けた具体的な施策を提案できることも、SFA導入で期待できる効果です。

SFAを選ぶ際の比較基準

SFAを導入する際は、目的や自社システムの導入状況によって比較するポイントが違うことを覚えておきましょう。SFAならどれも同じではなく、価格や機能、連携できるシステムに違いがあるからです。比較基準を明確にしたうえで複数のSFAを見比べ、一番自社にとって効果的であると判断したSFAを導入しましょう。

価格
フリートライアルとして一定期間無料で使えるものもありますが、基本的には有料です。買い切りで、1ユーザー数万円のものもあれば、月額で支払いが必要なものもあり、さまざまです。また、初期費用やメンテナンス代も10万円~必要になることがあります。導入予算内に収まるか、コストパフォーマンスが良いかを比較しましょう。
機能
SFAが、導入目的に適した機能を持っているかの判断も必要です。また、サーバーを自社で保有・管理するオンプレミス型か、すべてインターネット経由のクラウド型かの比較検討もしなければなりません。カスタマイズ性やセキュリティ面を求めるのであればオンプレミス型、導入コストを抑えたいのであればクラウド型になります。
システム連携
現在自社で導入しているシステム、あるいは今後導入予定のシステムと連携できるかどうかも、SFAを選ぶうえで必要な項目です。SFAそれぞれに連携できる、できないがあるので、導入実績を見たり、実際に問い合わせたりして情報を集めておきましょう。
操作
一般にSFAは、業務効率化の目的で導入されます。実際に使用する担当者が使いこなせるかは、大事なポイント。SFAは、操作性がいいように作られていますが、本格導入をする前に小規模で実験してみるといいでしょう。導入目的の再検討にもつながるので、一石二鳥です。
サポート
導入中にトラブルが起きたり、うまく連携できなかったりする場合のサポート体制がどうなのかも、比較対象の要件です。また、導入後のメンテナンスやトラブルシューティングに対応しているのかも、確認しておきましょう。技術的な問題になると、現場では対処できないことも。サポートの手厚さも重要な比較項目です。

おすすめのSFAツール比較一覧表

ひと口にSFAと言ってもその種類はさまざまです。何を選べばいいのかわからなくなる人も少なくありません。そこで本記事では、10個のSFAをピックアップしました。無料トライアル期間があるものばかりなので、導入を検討している場合はお試しで使ってみてもいいかもしれません。

ツール名 初期費用 月額費用 提供形態 システム連携 サポート その他
kintone 無料 858円~ クラウド型 他システムやアプリとAPI連携 電話/メール 30日間の無料トライアルあり
Hubspot 無料 無料(有料プランあり) クラウド型 他システムやアプリとAPI連携(プランによる) メール/チャット/電話/お問い合わせフォーム 無料プランあり
ちきゅう 無料 1,628円~ クラウド型 Gmail/Googleマップ/カレンダー/コミュニケーションツールなど メール/チャット 15日間の無料トライアルあり
Senses 無料 27,500円~ クラウド型 メール/カレンダー/コミュニケーションツール/名刺管理ツール/MAなど チャット 無料トライアルあり
Zoho CRM 無料 1,584円~ クラウド型 オンライン会議ツール/会計システム/経営管理システム/アナリティクスツールなど メール/お問い合わせフォーム 無料プランあり
GEOCRM 55,000円~ 1,980円~ クラウド型 他システムやアプリとAPI連携 電話/メール 14日間の無料トライアルあり
Knowledge suite 無料 6,600円~(ユーザー数無制限) クラウド型 他システムやアプリとAPI連携 電話/メール/お問い合わせフォーム 無料トライアルあり
Sales Cloud 無料 3,300円~ クラウド型 MA/コミュニケーションツールなど 電話/メール 30日間の無料トライアルあり
eセールスマネージャー 82,500円(オンプレミス型) 3,300円~ クラウド型/オンプレミス型 MA/オンライン会議ツール/コミュニケーションツール/ストレージサービスなど 電話/メール 無料デモあり
Oracle Sales Cloud 要問い合わせ 7,800円~ クラウド型 オラクル社が提供するシステムと連携可能 電話/チャット/お問い合わせフォーム 30日間の無料トライアルあり

おすすめのSFAツール 10選

本記事でおすすめする、10個のSFAの詳細を解説します。それぞれに特徴があるため、料金だけではなくその他のポイントも踏まえて、検討することをおすすめします。

kintone

画像出典:サイボウズ株式会社

「kintone(キントーン)」は、サイボウズ株式会社が提供しているSFAです。

CRMの機能も持ち合わせているだけではなく、100種類以上のソフトと連携できることで高いニーズを誇っており、本記事執筆時点で20,000社もの導入実績を持っています。非常に使いやすい画面をしているので、初めてSFAを使う人でも、直感的な操作が可能です。

初期費用 無料
月額費用 858円(ライト)1,650円(スタンダード)
提供形態 クラウド型
システム連携 他システムやアプリとAPI連携

kintoneの詳細を見る

Hubspot

画像出典:Hubspot株式会社

「Hubspot(ハブスポット)」は、Hubspot株式会社が提供するSFAです。

世界中の企業で採用されているSFAのひとつで、CRMの機能も兼ね備えていながら完全無料で使用可能。世界中に導入実績を持ち、支社も非常に多いことから信頼度の高さがうかがえます。有料プランも存在し、こちらも無料トライアル期間が設けられています。

初期費用 無料
月額費用 無料5,400円(Starterプラン)
提供形態 クラウド型
システム連携 他システムやアプリとAPI連携

Hubspot(ハブスポット)の詳細を見る

ちきゅう

画像出典:株式会社ジーニー

「ちきゅう」は、株式会社ジーニーが提供しているクラウド型SFAです。

高い操作性を誇りながらもシンプルなデザインのSFAで、導入後の定着率が99%を誇るツールでもあります。営業活動の効率化のために無駄な機能を省略しており、誰にでも使いやすいのが魅力のひとつ。CRMの機能も持っているため、使い勝手がいいSFAツールと言えます。

初期費用 無料
月額費用 1,628円(ライト)3,278円(スタンダード)5,478円(プロ)10,780円(エンタープライズ)
提供形態 クラウド型
システム連携 Gmail/Googleマップ/カレンダー/コミュニケーションツールなど

ちきゅうの詳細を見る

Senses

画像出典:株式会社マツリカ

「Senses(センシーズ)」は、株式会社マツリカが提供するSFAです。

リモートワークでも営業担当のステータスが分かるようになっている、案件ボードの機能を搭載しており、働き方改革の促進にも役立ちます。取引先の会社概要やプレスリリースが自動的に取得される、ユニークな機能も。カスタマイズ性は高くありませんが、使いやすさは非常にいいSFAです。

初期費用 無料
月額費用 27,500円~(Starter)110,000円(Growth)330,000円(Enterprise)
提供形態 クラウド型
システム連携 システム連携 メール/カレンダー/コミュニケーションツール/名刺管理ツール/MA

Sensesの詳細を見る

Zoho CRM

画像出典:ゾーホージャパン株式会社

「Zoho CRM(ゾーホー・シー・アール・エム)」は、ゾーホージャパン株式会社が提供するSFA機能を搭載したCRMです。

日本での導入実績は少ないものの、世界中で利用されているソフトのひとつ。AI営業アシスタント「Zia(ジア)」は、営業担当が入力した情報をもとに、商談の成功率や売り上げ悪化の可能性を予測する優れもの。月額費用も手ごろに抑えられるのがメリットですが、英語対応できるスタッフが社内にいないと、導入に苦戦するかもしれません。

初期費用 無料
月額費用 2,640円(プロフェッショナル)4,620円(エンタープライズ)5,940円(アルティメット)
提供形態 クラウド型
システム連携 オンライン会議ツール/会計システム/経営管理システム/アナリティクスツールなど

Zoho CRMの詳細を見る

GEOCRM

画像出典:ナレッジスイート株式会社

「GEOCRM(ジオ・シー・アール・エム)」は、ナレッジスイート株式会社が提供するSFAです。

顧客情報に登録された問い合わせや、訪問回数で見込顧客を色分けする機能が搭載されています。また、フィールドセールスで役立つ機能として、次に自分が訪問する顧客がどこにいるのかを示す機能も搭載されているのです。チームの活動状況もわかるので、効率よく営業活動ができるように支援してくれます。

初期費用 55,000円(スタンダード)110,000円(プロフェッショナル)
月額費用 1,980円(スタンダード)2,640円(プロフェッショナル)
提供形態 クラウド型
システム連携 他システムやアプリとAPI連携

GEOCRMの詳細を見る

Knowledge Suite

画像出典:ナレッジスイート株式会社

「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」は、ナレッジスイート株式会社が提供するクラウド型SFAです。

CRM機能も搭載しており、機能連携もできることから非常に高い人気を誇っています。カスタマイズで不要な機能を削除できるため、利便性を向上させることが可能。追加料金なしで機能の増減ができるSFAは、それほど存在しません。迷ったら「Knowledge Suite」を導入するといいでしょう。

初期費用 無料
月額費用 6,600円(グループウェア)55,000円(SFAスタンダード)88,000円(SFAプロフェッショナル)
提供形態 クラウド型
システム連携 他システムやアプリとAPI連携

Knowledge suiteの詳細を見る

Sales Cloud

画像出典:株式会社セールスフォース・ドットコム

「Sales Cloud(セールス・クラウド)」は、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSFAです。

多くの機能が搭載されていることから人気が高く、カスタマイズ性が高いのも魅力的です。機能は細かく設定変更が可能で、営業マンのニーズに合わせてカスタマイズも可能。操作自体も簡単で、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できることから、多くの企業で採用されています。

初期費用 無料
月額費用  3,300円(Essentials) 9,900円(Professional) 19,800円(Enterprise) 39,600円(Unlimited)
提供形態 クラウド型
システム連携 MA/コミュニケーションツールなど

Sales Cloudの詳細を見る

eセールスマネージャー

画像出典:ソフトブレーン株式会社

「eセールスマネージャー」は、ソフトブレーン株式会社が提供するSFAです。

高い人気で多くの企業に採用されている実績があり、利用継続率が95%を超えるのも特徴です。CRM機能同梱で使い勝手はよく、1回の入力で顧客管理やスケジュール管理までできるのが強み。サポート体制も手厚く、初めてSFAを導入する企業に選ばれる傾向にあります。

初期費用 82,500円(オンプレミス型)
月額費用 3,300円(スケジュールシェア)6,600円(ナレッジシェア)12,100円(スタンダード)
提供形態 クラウド型
システム連携 MA/オンライン会議ツール/コミュニケーションツール/ストレージサービスなど

eセールスマネージャーの詳細を見る

Oracle Sales Cloud

画像出典:Oracle社

「Oracle Sales Cloud(オラクル・セールス・クラウド)」は、Oracle社が提供するSFAツールです。

ツール内には、今まで導入された企業で蓄積されたデータが記録されており、そのデータを基にした適切なアプローチやタイミングを知らせてくれます。オラクル社が提供するほかの業務支援ツールと連携可能なので、ありとあらゆる業務の一元管理ができるようになるでしょう。

初期費用 要問い合わせ
月額費用 7,800円(Professional Edition)12,000円(Standard Edition)24,000円(Enterprise Edition)36,000円(Premium Edition)
提供形態 クラウド型
システム連携 オラクル社が提供するシステムと連携可能

Oracle Sales Cloudの詳細を見る

まとめ

SFAを導入することで、営業マンと管理者側の連携ができ、業務改善に役立つでしょう。商品やサービスで差がつかなくなったといわれている昨今では、商品・サービスを提供する会社と顧客の関係性が、より重要になりつつあります。「こんなときにあの人がいい提案をしてくれた」、「すぐに動いてくれて助かる」など、きめ細かでスピーディな対応が顧客獲得には必須。SFAを導入して、全社体制で顧客満足度の向上に努めましょう。

本記事で紹介したSFAの中には、Scene Liveが提供する「OSORA」と連携できるものがあります。情報が一元管理できたり、コスト削減ができたりするなどのメリットもあります。SFAをさらに効率よく、便利に使うために導入を検討してみてはいかがでしょうか。