1744

テレマーケティング業界の最新情報をお届け

2023.03.15更新

プレディクティブダイヤラーとは?おすすめのサービス5選も紹介

 架電業務に役立つツールのひとつに、プレディクティブダイヤラーがあります。 

「プレディクティブダイヤラーについて詳しく知りたい」「架電業務をより効率化したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、以下の内容を解説します。

  • プレディクティブダイヤラーのメリット
  • おすすめのサービス

また、プレディクティブダイヤラーに関する疑問にもお答えします。

プレディクティブダイヤラーの理解を深めることで、自社に適したサービスを見つけるヒントにもなるでしょう。

導入を検討されている方や、インサイドセールスの効率化に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!

プレディクティブダイヤラーとは


プレディクティブダイヤラーとは、 リストに掲載されている顧客へ一斉に架電し、応答した場合にオペレーターへとつなぐ仕組みです。 

自動で架電できる点ではオートコールシステムと似ていますが、以下のような違いがあります。

プレディクティブダイヤラー 複数の顧客に一斉架電できる
オートコールシステム 1件ずつに自動架電する

どちらも架電業務を自動で行うことで効率化できますが、プレディクティブダイヤラーを活用することで、よりオペレーターの待機時間を減らせるでしょう。

不在の場合は記録として残し、後から再コールすることも可能です。

待機時間に応じたつなぐオペレーターの振り分け機能や、会話の自動録音といった機能を有するサービスもあります。

プレディクティブダイヤラーを活用する3つのメリット


 プレディクティブダイヤラーを活用するメリットとして、以下の3つが挙げられます。 

  • 架電効率を上げる
  • オペレーターの負担を軽減する
  • 発信情報をデータ化する

それぞれ詳しく解説します。

架電効率を上げる

 プレディクティブダイヤラーを活用することで、より多くの顧客に架電できます。 

また、以下のような作業を削減できるため、業務の効率化につながるでしょう。

  • オペレーターが顧客リストを用いて架電する
  • 不在といった顧客データを入力する
  • 通話がつながらずにオペレーターが待機する

オペレーターが通話に使える時間も増加するため、成約数の増加も期待できます。

オペレーターの負担を軽減する

プレディクティブダイヤラーによって 架電作業が自動化できるため、オペレーターの負担が軽減されます。 

顧客リストを共有しながら電話をかけ続けたり、不在だった顧客に再コールしたりする必要がありません。

プレディクティブダイヤラーの活用により、オペレーターは顧客との会話のみに集中できる点も大きなメリットです。

また、オペレーターのスキルに依存せず、通話数を均一に割り振ることで負担を軽減する効果も期待できます。

発信情報をデータ化する

プレディクティブダイヤラーを使って架電すると、 不在だった場合のデータが蓄積されます。 

同じ顧客に何度か電話をかけていれば、どの時間帯につながりやすいかといった分析ができるようになるでしょう。

システムが自動で判断して、前回とは違う時間帯にかけ直すといった機能も活用できます。

また、顧客との会話を録音できる機能を活用すれば、手本となるやり取りからマニュアルを作成して、チーム全体のスキルアップを図れるでしょう。

架電業務を自動化するだけでなく、さまざまなデータを収集して分析に使える点も、プレディクティブダイヤラーのメリットです。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!

プレディクティブダイヤラー機能を有するサービス5選


 プレディクティブダイヤラーの機能があるコールシステムを 5つ紹介します。

サービス名 特徴
List Navigator. さまざまな機能が充実
BRIGHT PATTERN 高性能予測アルゴリズムを搭載
BizBaseテレマーケティング 細かい設定のプレディクティブダイヤラー
MiiTell 在宅でも使えるサービス
Open Dialer レンタルできるコールセンターシステム

プレディクティブダイヤラー以外の機能も備えているため、自社の業務に活用しやすいサービスを選ぶとよいでしょう。

それぞれ詳しく紹介します。

List Navigator.


引用:List Navigator.

List Navigator.は 株式会社Scene Liveが提供しているアウトバウンドコールシステムです。 

クラウド型システムのため、基本料金は月額3,000円からと低コストで、最短3営業日とすぐに導入できます。

プレディクティブダイヤラーにも以下のようなさまざまな機能が備えられているため、使いやすいサービスです。

  • 架電結果をリアルタイムで集計して見える化する
  • 架電倍率を最大で5倍まで自由に設定できる
  • 予約機能により、管理者がいない場合でも稼働できる

また、プレディクティブダイヤラー以外にも下記のような多くの機能を有しています。

  • 全通話の録音
  • オートコール
  • 通話の転送
  • 管理者が全席の通話状況を確認できるモニタリング機能
  • トークスクリプトの共有
  • 音声解析やオペレーター分析

電話がつながらなかった場合は顧客管理データに不在のステータスが自動で入力されるため、再コールを失念する心配もありません。

業務に合わせて機能を取捨選択でき、自由にカスタマイズ可能です。

サポート体制も整えられているため、初めての導入でも安心でしょう。

BRIGHT PATTERN


引用:BRIGHT PATTERN

BRIGHT PATTERN(ブライトパターン)は Bright Pattern社が提供しているクラウドコンタクトセンターシステムです。 

プレディクティブダイヤラーには独自の高性能予測アルゴリズムを搭載しているため、以下のような特徴があります。

  • 統計分析に基づいて、目標のオペレーター占有率を維持する
  • 関心度の高い顧客を選別してリストを作成する
  • 録音したボイスメールを自動で保存する
  • 応答した電話の完了を予測して次の番号をダイヤルする

他にもさまざまな機能があり、すべてのチャネルをひとつの画面で管理できる点も魅力です。

SNSやAIのシステムなどと簡単に連携できるため、業務の幅も広がるでしょう。

3つのプランから選んで導入できます。

ボイスセレクト プロフェッショナル プレミアム
音声通話に特化したプラン 複数のチャネルに対応したプラン 最高機能のプラン

BizBaseテレマーケティング


引用:BizBase

BizBaseテレマーケティングは 株式会社フレンディットが提供しているコールセンターシステムです。 

発信倍率や接続待ち秒数などの細かい設定ができるプレディクティブダイヤラーを活用できます。

他にも、以下のようなさまざまな機能を有しています。

  • 自動音声応答
  • リアルタイム集計レポート
  • トークスクリプト管理
  • 再架電の管理
  • 通話録音

架電件数を増やすだけでなく、問い合わせの管理や情報の分析にも活用できるサービスです。

MiiTell


引用:MiiTell

MiiTellは 株式会社RevCommが提供しているビジネス向けのスマート電話サービスです。 

プレディクティブダイヤラー機能だけでなく、録音や文字起こし、音声解析をひとつのツールで行えます。

IP電話と呼ばれる、インターネット回線を活用した電話サービスのため、オフィスだけでなく在宅でも同じ番号で電話を利用できます。

アプリを活用すればスマートフォンでも電話業務ができる点も魅力のサービスです。

初期費用は0円で、オンラインによる相談、契約が可能です。

Open Dialer


引用:Open Dialer

Open Dialerは 株式会社オープンコムが提供しているコールセンターシステムです。 

コールセンターシステムを一式レンタルできるのが特徴のサービスで、上限を100日としたお試しプランも用意されています。

利用する席数に応じて月額を支払うシステムのため、気軽に導入できるでしょう。

プレディクティブダイヤラー機能だけでなく、以下のような機能も充実しています。

  • 顧客リスト作成
  • オペレーターの稼働を管理
  • ステータス分析をグラフで見える化
  • クレーム管理

プレディクティブダイヤラーに関するよくある質問


 プレディクティブダイヤラー機能に関するよくある疑問にお答えします。 

  • プレディクティブダイヤラーという英語の意味は?
  • プレディクティブコールとプログレッシブコールの違いは?
  • プレディクティブダイヤラーで不在の場合はどうなる?

理解を深め、サービスを導入する際の参考にしてください。

プレディクティブダイヤラーという英語の意味は?

プレディクティブダイヤラーを英語で表すと、 「predictive dialer」です。 

predictiveには「予測的な」という意味があります。

dialerは「自動ダイヤル装置」のことで、コンピューターシステムから電話回線を通じてダイヤル接続するソフトウェアです。

顧客へ一斉に架電してオペレーターにつなぐシステムは、他にもプレディクティブコールやプレディクティブダイヤリングなどとも呼ばれています。

プレディクティブコールとプログレッシブコールの違いは?

プログレッシブコールは オペレーターが通話を終えてから次の電話にダイヤルするシステムです。 

プレディクティブコールと比べると架電効率は上がりませんが、顧客が電話に出た場合にオペレーターと必ず通話できるメリットがあります。

一方でプレディクティブコールは、オペレーターの数よりも多くの顧客に一斉架電するシステムです。

顧客が電話に出た場合でも、オペレーターが空いておらずに放棄される可能性があります。

プログレッシブコールの方が、より顧客の立場を考えたシステムと言えるでしょう。

プレディクティブダイヤラーで不在の場合はどうなる?

顧客が不在だった場合、 不在のステータスがリストに登録されます。 

時間帯を記録しておき別の時間に再コールすることで、応答率を上げられるでしょう。

一方で、オペレーターが不在・空いていない場合は、自動音声による案内や自動切断で再コールすることになります。

プレディクティブダイヤラーを活用して架電業務を効率化しよう


プレディクティブダイヤラーを活用すれば、架電業務を効率化できます。

特に大規模のコールセンターでは、大きな効果を発揮するでしょう。

導入を検討されている方には、 プレディクティブダイヤラー機能を備えたコールシステムのList Navigator.がおすすめです。 

1名からの小規模テレアポ業務も効率化できます。

興味のある方は、システムパンフレットからぜひ詳細を確認してください。

■合わせてよく読まれている資料
サービス比較表 厳選5選!!」も合わせてダウンロードいただけます。

サービス比較表 厳選5選!!