NEWS RELEASEニュースリリース

2021年12月16日お知らせ

テレアポ業務に関する調査結果をPR TIMESにて発表いたしました

アウトバウンドコールシステム『List Navigator.』を開発・提供する株式会社Scene Live(本社:大阪府大阪市、代表取締役:磯村 亮典 以下、Scene Live)は、テレアポ担当者が5名以上いる企業の経営者・役員310名に対し、「テレアポの課題」に関する調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。

・サマリー

01

・調査概要

調査概要:「テレアポの課題」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月25日〜同年11月27日
有効回答:テレアポ担当者が5名以上いる企業の経営者・役員310名

・経営者・役員の約7割が、自社のテレアポに「課題」を実感

「Q1.あなたの会社のテレアポについて、何らかの課題を感じていますか。」(n=310)と質問したところ、「かなり感じている」が25.9%、「やや感じている」が39.4%という回答となりました。
02
Q1.あなたの会社のテレアポについて、何らかの課題を感じていますか。

・課題として最も多いのは「担当者ごとのアポ獲得数にばらつきがある」で57.9%

「Q2.Q1で「かなり感じている」「やや感じている」と回答した方にお聞きします。あなたの会社のテレアポについて、どんな課題を感じていますか。(複数回答)」(n=202)と質問したところ、「営業担当者ごとのアポイント獲得数について、バラツキがある」が57.9%、「営業チーム全体の架電数がなかなか上がらない」が44.6%、「架電リストが一元管理できていない」が32.7%という回答となりました。
03
Q2.Q1で「かなり感じている」「やや感じている」と回答した方にお聞きします。あなたの会社のテレアポについて、どんな課題を感じていますか。(複数回答)

・CTIやクラウドPBXなどの「コールシステム」の導入「検討している」が21.6%、「興味がある」が23.5%

「Q3.テレアポを効率化するツールとして、CTIやクラウドPBXなどの「コールシステム」がありますが、あなたの会社では「コールシステム」を導入していますか。」(n=310)と質問したところ、「導入していないが、検討はしている」が21.6%、「検討はしていないが、興味はある」が23.5%という回答となりました。
04
Q3.テレアポを効率化するツールとして、CTIやクラウドPBXなどの「コールシステム」がありますが、あなたの会社では「コールシステム」を導入していますか。

・「コールシステム」選定時のポイント、「導入のしやすさ」が62.1%、「料金の安さ」が62.1%、「使いやすさ」が52.1%

「Q4.Q3で「導入していないが、検討はしている」「検討はしていないが、興味はある」と回答した方にお聞きします。今後もし「コールシステム」を導入するとしたら、どのようなポイントを重要視しますか。(複数回答)」(n=140)と質問したところ、「導入のしやすさ」が62.1%、「料金の安さ」が62.1%、「使いやすさ」が52.1%という回答となりました。
05
Q4.Q3で「導入していないが、検討はしている」「検討はしていないが、興味はある」と回答した方にお聞きします。今後もし「コールシステム」を導入するとしたら、どのようなポイントを重要視しますか。(複数回答)

・「他の部門と連帯できるか」「操作方法が簡単で、全社の社員に普及しやすいか」などを重要視する声も

「Q5.Q3で「導入していないが、検討はしている」「検討はしていないが、興味はある」と回答した方にお聞きします。Q6で回答した以外に、重要視するポイントがあれば、教えてください。(自由回答)」(n=140)と質問したところ、「他の部門と連帯できるか」「操作方法が簡単で、全社の社員に普及しやすい方法が適用されている」など107の回答を得ることができました。
<自由回答・一部抜粋>
・61歳:テレアポ成立率。
・42歳:他の部門と連帯できるか。
・62歳:導入に伴う生産性の向上。
・50歳:導入から実用から成果の刈り取りまでのサポート。近しい業界の具体的事例。
・39歳:社内で情報を共有できるかという点を重視する。
・36歳:費用対効果につきるかなと思います。成果がいかに出るかです。
・56歳:アポの品質。
・63歳:操作方法が簡単で、全社の社員に普及しやすい方法が適用されている。
・59歳:効率的及びリーズナブルに売上拡大につながるなら導入したい。
・56歳:成約率。

・「コールシステム」を導入する91.8%が、導入による「効果」を実感

「Q6.Q3で「すでに導入している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」の導入による効果を実感していますか。」(n=61)と質問したところ、「かなり実感している」が54.1%、「やや実感している」が37.7%という回答となりました。
06
Q6.Q3で「すでに導入している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」の導入による効果を実感していますか。

・「コールシステム」導入の効果、「架電時の手間が減り、架電効率が上がった」が73.2%で最多

「Q7.Q6で「かなり実感している」「やや実感している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」の導入により、実際に効果が感じられたポイントを教えてください。(複数回答)」(n=56)と質問したところ、「架電時の手間が減り、架電効率が上がった」が73.2%、「架電リストの管理が楽になり、管理工数が減った」が44.6%、「営業担当者のトークが改善され、アポイント獲得率が上がった」が42.9%という回答となりました。
07
Q7.Q6で「かなり実感している」「やや実感している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」の導入により、実際に効果が感じられたポイントを教えてください。(複数回答)

・6割以上が、コールシステム導入後「3ヶ月未満」に効果を実感

「Q8.Q6で「かなり実感している」「やや実感している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」導入後どれくらいの期間で効果があらわれはじめましたか。」(n=56)と質問したところ、「導入後すぐ(1ヶ月未満)」が30.3%、「導入後1ヶ月~3ヶ月未満」が30.4%という回答となりました。
08
Q8.Q6で「かなり実感している」「やや実感している」と回答した方にお聞きします。「コールシステム」導入後どれくらいの期間で効果があらわれはじめましたか。

・まとめ

今回は、テレアポ担当者が5名以上いる企業の経営者・役員310名に対し、「テレアポの課題」に関する調査を実施しました。

 まず、経営者・役員の約7割が、自社のテレアポに「課題」を実感しており、課題として、「担当者ごとのアポ獲得数にばらつきがある」(57.9%)や、「営業チーム全体の架電数がなかなか上がらない」(44.6%)などに多数の意見が集まりました。

 次に、テレアポを効率化するツールとして、CTIやクラウドPBXなどの「コールシステムの導入について伺うと、「すでに導入している」が19.7%、「検討はしている」が21.6%、「興味はある」が23.5%の結果に。また、「コールシステム」選定時の重視ポイントについては、「導入のしやすさ」が62.1%、「料金の安さ」が62.1%、「使いやすさ」が52.1%という結果となりました。他には、「他の部門と連帯できるか」や「操作方法が簡単で、全社の社員に普及しやすいか」など、社内での導入のしやすさを重要視する意見が多く挙げられました。

 最後に、「コールシステム」を既に導入している企業のうち、91.8%が導入による「効果」を実感していることが判明。「コールシステム」導入により実際に得られた効果として、「架電時の手間が減り、架電効率が上がった」と73.2%が実感しており、6割以上が、コールシステム導入後「3ヶ月未満」に効果を感じられたことがわかりました。

 今回の調査結果から、テレアポ事業に対して、多くの企業が課題を抱えており、担当者の成績にばらつきがあること、チーム全体の実績の底上げ、データ収集・共有などに頭を悩まされている実態が明らかとなり、それらの課題を解決するため、「コールシステム」導入を検討している経営者も多く、費用や使い勝手に納得がいけば、積極的に導入するという意見も多く見られました。コールシステムを実際に導入した企業では、効果を実感しているケースがほとんどであることからも、年々進化を遂げているコールシステムを活用することによって、従来のテレアポ業務で抱えていた課題が急速に解消することも見込めるでしょう。

・テレアポ特化型コールシステム「List Navigator.」とは

上場企業をはじめ、国内累計3,100社の導入実績を誇るクラウド型コールシステムです。従来の携帯やスマートフォンからの架電と違い、クリックのみの簡単操作で架電を行えます。また、発信リスト管理、ステータス・見込み管理、自動分析機能、プレディクティブコールモード(多回線同時発信機能)など、アポイントの獲得効率を底上げするために必要な機能が搭載されています。
『List Navigator.』製品詳細ページ

▼PR TMIESの記事はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000090268.html

ニュースリリース一覧