次世代型クラウドPBXサービス「OSORA」リリースのお知らせ

株式会社SceneLive(代表取締役社長:磯村 亮典、本社:大阪府大阪市)は、クラウドPBXサービス「OSORA」をリリースしました。

次世代型クラウドPBXサービス「OSORA」

<OSORAとは>

「OSORA」は、スマートフォンや離れた場所にある電話機を内線化し、通信費のコスト削減や、お問い合わせ対応の効率を最大化する次世代のクラウドPBXサービスです。通常のビジネスフォンに搭載されている発着信、保留転送、クラウド電話帳機能に加え、全通話を保存・ダウンロードできる通話録音機能や、通話中の会話を聞きながらアドバイスを同時に伝えることができるモニタリング機能もご利用いただけます。

<主な利用シーン>
  • 支店や常駐取引先と本社間の電話を内線化
  • 外出中の担当者にオフィスで受信した電話を取り次ぐ
  • オフィスの受付に設置したタブレット端末から内線を受信
  • 在宅ワーカーでも自宅から会社電話の着信を可能に

などを想定しております。

導入についてはインターネット回線があれば、どなたでも導入できます。
また、場所は選びませんので国内はもちろん、海外での利用も可能で、海外展開を考えている企業ユーザーにも最適です。

【本製品の詳細について】
製品紹介ページへ
【本製品に関するお問い合わせ先】
お問い合わせフォームへ