List Navigator.
複数プロジェクト管理

バックヤードの管理工数を
圧倒的に効率化。

ヒアリング項目やステータス項目などを商材別に設定、プロジェクトとして管理。複数の商材もプロジェクト単位で管理することで管理工数を削減します。

List Navigator.プレディクティブ発信
List Navigator.

複数プロジェクト管理

ヒアリング項目やステータス項目などを商材別に設定、プロジェクトとして管理。複数の商材もプロジェクト単位で管理することで管理工数を削減します。

複数の商材管理でこんな
お悩みありませんか?

商材別に管理を分けたい

  • 商材にあったヒアリング項目ではない
  • 商材に合わせたステータスを作れない
  • 商材ごとに進捗管理したい
全商材共通のヒアリング項目

エクスポートする内容を
選びたい

  • 項目を選んでエクスポートしたい
  • エクスポート内容をカスタムしたい
    (並び順、縦横入れ替え)

その管理業務のお悩み

List Navigator.
「複数プロジェクト管理」
が解決します!

複数プロジェクト管理とは?

商材や案件別にヒアリング項目やステータス項目などを設定し、1つのプロジェクトとして管理できる機能です。リストもプロジェクトごとに管理するため、複数の商材をそれぞれプロジェクト化すると、リストが重複していてもインポート可能です。また商材別に管理することでクライアント提出用のエクスポートやBIツールへのインポート工数も大幅削減することができます。

  • プロジェクトA
  • プロジェクトB
  • List Navigator.の複数プロジェクト管理機能を知る! 5つのポイント
  • POINT01

    各商材に適したヒアリング項目を
    設定できる!
  • POINT02

    プロジェクト別の番号で
    発信OK!
  • POINT03

    オペレーター重複分の料金は
    不要!
  • POINT04

    プロジェクト別架電リストの
    重複インポートが可能!
  • POINT05

    各プロジェクトから必要な項目
    だけ
    エクスポート可能!

複数プロジェクト管理機能で

管理工数の大幅削減が
実現できる!

こんな方におすすめ!

複数クライアントのテレアポ・電話代行業務を管理している方

お電話でも承ります。お気軽にご相談ください

平日10:00~19:00(土日祝を除く)

List Navigator.
複数プロジェクト管理の特長

01プロジェクトごとの管理で
バックヤードの管理工数を削減
こんなお悩みを
解決します!
商材別に管理を分けたい
商材別ヒアリング項目・ステータス項目設定例
POINT

商材に合わせた
ヒアリング項目や
ステータス項目を
設定できます!

POINT

架電リストも商材別に
管理するため
それぞれの進捗も
確認しやすい!

02エクスポートは用途に合わせて
カスタマイズ自由
こんなお悩みを
解決します!
エクスポートする内容を選びたい
POINT

必要な項目だけ
選択して
エクスポートが
できます!

POINT

エクスポート内容も
簡単にカスタマイズ
ができます!

SCENE 01 クライアントによって提出形式がバラバラ…

クライアントに合わせて提出項目の並び替え、出力範囲も自由自在!

SCENE 02 BIツールへのインポート形式が限定されている…

システム上で項目の並び替え可能なため、エクスポート後の編集作業は不要! 他サービスへのインポートも簡単になります!

お電話でも承ります。お気軽にご相談ください

平日10:00~19:00(土日祝を除く)

List Navigator.
複数プロジェクト管理は
ここもおすすめ!

発信番号を商材ごとに
分けられる

商材ごとに発番番号を分けることができるので、クライアント指定番号での発信も可能です!

オペレーターも便利!

発信画面からもプロジェクトがすぐに切り替えることができるので、複数のプロジェクトが割り当てられたオペレーターも切り替えやすい!

商材でリスト重複してもOK
リストはプロジェクトごとに管理するので、リストが重複してもインポート可能です。
システム重複費用を削減
商材ごとにアカウント・IDの発行が不要になるので、コストを最小限に抑えることが可能です。